名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 8 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 

誤認恋愛《3/3》R18(赤安・新快前提 赤井×快斗)
─────────────────────────────

沖矢昴は別の貌を隠していた。

初めは確かに沖矢だったのに、いつの間にか別人になっていたのだ。



驚いたが、それを訝しんでる余裕はとてもない。

(くうぅっ…!)

〝大人〟ってこんなに凄いのか。 抗うなんて無理だ。そのくらい感じてしまってる。
全身を隈無く探り確かめるように愛されて、どこを触れられてもいちいち恥ずかしいくらい悶えてしまう。
思考を繋ごうとしても次々と大きな波が襲ってきて、浚われて溺れて気が遠くなって、浮かび上がったと思うとまた引き寄せられる。自分の体なのにどうすることもできない。完全に男の為すがままだ。

これだけいいように弄ばれてんのに〝辱められてる〟というマイナス感を覚えないのが不思議だった。
きっとこの男が本当に俺を〝恋人のように想って〟しているのが解るからだ。
めちゃめちゃ優しくて…めちゃめちゃ歓ばせようとしてるのが伝わってくる。

「ああ、う…っ」

ふらふらの俺を背後から抱き起こし、男は俺の項(うなじ)を辿るようにキスをした。繋がれた腰が男の上に深く沈み込む。そのまま奥の芯をゆらゆら刺激され、吃驚するほど反応してしまう。

「──ウァッ!」

胸元を指で弾かれ、ビリッという痺れが走って体が跳ね上がった。
本当に切なくて堪えられない。

「いい子だ…」




〝愛してる〟




吹き込むように耳元に囁かれた刹那、自分の肌が一気に粟立つのが解った。
何がが胸に芽生えそうになるのを必死に振り払う。
この男は俺を俺だと解っていて、自分の恋人を強く想っている。本当の恋人にするみたいに〝愛しい〟と思いながら俺を抱いてるんだ。

酔っ払ってる以前のモンダイだ。
コイツは天性の───いや、天然の〝タラシ〟なんだ…!!
















「学校に行かなくていいのか?」

「今日は…休みです。…てか、最初に言うの、それですか」

声が掠れてんのが悔しかったが、返事はできた。
俺は腕で顔を覆い、半身を起こして枕に寄りかかっている男の隣で伸びていた。たぶん目が腫れている。男に顔を見せる気になれない。

「猛省している。酔いは言い訳にならん」

本当に反省してんのかと思うくらい冷静な声だ。

「ここの家主にも申し訳ないことをした。まったく──…」

まったく…と嘆息したあたりで、ようやく自分のしでかした事を男が心底悔いているのが解った。

「秘密にしといてください。面倒は御免なんで」

「しかし」

「俺も…のせられちゃったし」

言ってて顔から火が噴きそうだ。
白状しなくたってバレバレなんだ。だから謝られるのは余計に癪だし、工藤に知られるなんてもってのほか、有り得ない。絶対に避けたい。

「……」

ぎゅっと唇を噛んだ俺の髪を、男がふわりと撫でた。
慌てて横を向く。たったそれだけで痺れっぱなしの芯に触れられたような気分になる。

「あんたの恋人…毛利探偵事務所の下の、ポアロでバイトしてる人だろ」

「そうだ」

やっぱり。
ぼんやりだが思い出した。工藤が電話してるのをコッソリ立ち聞きしたことがある。

この男はFBIだ。何か目的があって沖矢昴という架空の人物に変装し、居候として工藤家に入り込んでるんだ。

工藤がいつまでも居候を置いとくので、俺は文句を言ったんだ…夜中とか訪ねにくいから早く追い出せって言って。
そしたら工藤は『あの人は味方だから大丈夫』とかなんとか言いやがって取り合ってくんなくて…。

味方とか関係ねーし、俺。
工藤に逢いに来て知らねーヤツと出くわすのがヤだから言ったのに。
出くわすどころのハナシじゃねーし!!

「くっそ、工藤の奴…」

今頃どこでなにしてんだか。謎追いかけて夢中になって毛利探偵とか警察とかと一緒に犯人追いかけてんだろう。
腹が立ってきた。
この男にではなく、間抜けな自分と脳天気な(謎天気な)工藤にだ。

「うう」

手を着いてなんとか上体を持ち上げた。怠い。立てないかもしれない。

「シャワーを浴びるなら手伝おう」

「いいです」

「立てないだろう」

「立てます!」

ガクン。わあっ(泣)。

結局俺は男に肩を抱えられてバスルームまで運んでもらった(客間なので専用の洗面所とバスルームがあるのだ)。




それでどーなったかって?
どーもしない。
何もない。おわり。
今回限りってことで目を瞑った。

ただし今回限りってのは男の方じゃない。俺の方。
だってあんなん、またされてみろ。
冗談じゃなく離れられなくなっちまう。

俺と工藤には真似しようとしたって上手くできっこないけど…それでもいつか、何年後か、大人になったら───あんなふうに互いに溺れるような、痺れまくるセックスしてみたい。

最後におまけ。
男は詫びながら自分の名を俺に明かした。赤井と名乗ったその男は、去り際に振り返るとこう言ったんだ。

〝ありがとう。おかけで少し自信を取り戻すことが出来たよ〟

ふっと笑ったその貌はまさに〝100万ドルの笑顔〟ってやつで。
赤井の恋人が羨ましくもあり、気の毒にもなったんだ。

だって赤井って〝天然タラシ男〟に違いないからさ。







20160619
─────────────────────────────



※えーと、100万ドルの…って言い回し、もしや死語ですか(@@)?! 語彙が昭和でスミマセン。天然タラシ、別の言い方するとスパダリってやつですかね(汗)。赤井さん視点を最後入れなかったので少々説明不足になりましたが、補足すると恋人安室さんは赤井さんにものすごく意地を張るので、どんなに感じていても必死に堪えちゃう。なので赤井さんは密かに自信喪失気味だったと…それでやたら感度の良い高校生を相手に、酔った勢いとはいえ抑えることなくついつい本腰を入れてしまった。というお話でした(爆);;
快斗くんが赤井さんとのことを忘れられるかというときっと無理なんですが、そこは仮にも孤高の怪盗ですから、それこそ新一には何が何でも悟られないようポーカーフェイスを貫くでしょう。
言い訳しきれないヒンシュクネタで失礼しました~(*_*;


●拍手御礼
「一つ屋根の下」「バースデー・トラップ」「しのぶれど」へ、拍手ありがとうございました(^^)/

拍手[9回]