名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 

オーヴァードライヴ 妄想編
(健全?です。いや、コナン君とキッドのランデヴーシーン、もっと見たかったな~と思って…)



テロリストのリーダーが名探偵の首根っこを掴み上げても、まさか窓から外へ――投げ落とすとは思わなかった。だいたいなんであの窓開くんだよ。設計ミスだろが。
それにいくら小憎たらしくてクソ生意気で正体は正義の高校生探偵だとしても、今は小さな江戸川コナンだ。
それを上空から落として殺すなんていくら何でも大人げなさすぎだろーが!

あとは勝手に体が動いた。


息ができない。はるか上空から投げ落とされ、遠くなる意識が途切れる直前に幻を見た。

キッド…?

ばーろ…探偵と泥棒が心中なんてシャレになんねーー…



もう少し。あと少しで手がとどく!
遠かった地上が、すぐそこに迫っていた。
自分も死ぬかもしれないとは思わなかった。名探偵を絶対に助ける。それしか――

名探偵を抱え込むと同時に翼を開く。とたんに掛かる反動と加重。
(くっ…!)
放さねーぜっ、名探偵ーー!!

小島の海岸線、砂浜を見つけてそこを目指す。
あれ。
ヤバい。なんだか目が霞む。
減速できない。このままじゃ翼が壊れる――また必要になるはずの――

接地する直前、翼をとじた。反転するように名探偵を腹に抱えて肩から砂に突っ込んだ。



衝撃。
記憶が混乱する。俺…なにしてんだ?
真上には大空が広がっている。そして我に返った。
――俺は江戸川コナン、今は工藤新一ではなく――

…?!

自分の下に誰かいる。いや、俺が誰かの上に乗っかってる。自分の腹に廻されていたらしい両腕が力無くずり落ちる。

キッド…!!!

そうだ、俺は飛行船の窓から投げ出され、死ぬところだった!
助かったんだ。生きてる…。
こいつが、キッドが後を追って飛び降り、俺を救ってくれなければ……
ゴロリと体を回転させて、キッドの体から降りた。顔を覗き込む。

心臓が鳴る。キッドはピクリとも動かない。死んでしまったのか? 俺を助けて――そんな…そんなバカな!


夢中ですがりつく。シルクハットもモノクルも減速しきれなかっただろう落下時の衝撃で外れている。

ぎくりとして新一は…コナンは掴んでいたキッドの上衣を放す。
こいつの素顔を、いま、こんな状況で暴いていいのか――?

いや、そんな場合じゃない!

キッド!! キッドッ!!

う、う、う、と キッドが呻いた。

生きてる! 外傷も、見たかぎり目立つものはない。
かすかに顔を持ち上げ、キッドがまぶしそうに目を開ける。

おー… 生きてるか。名探偵。

こっちの台詞だ!
俺は言い返す。
もう少しで心中するとこだったんだぜ。バカしやがって。

ざけんなよ、だれが探偵なんかと…

言いながら起きあがろうとするが、
とたんに肩を押さえキッドが顔を歪める。
あたた。
そして砂浜に座り直す。目が正面からまともに合う。

キッド… こいつが?

俺が知ってる怪盗キッドじゃない。

照れたように、まぶしそうに自分を見るコイツは、イタズラな笑みを浮かべた、同年代のひとりの少年だった。

自己紹介するか? お互い。 江戸川コナンこと、高校生探偵の工藤新一さん。
キッドであることを思い出させる不敵な笑みを小さく浮かべ少年はそう言った。

……!!!

絶句するおれに向かって、奴はつづける。

俺は、怪盗キッドこと…

待てーー!!!


気がつくと必死で遮っていた。
言うんじゃねーーー!!!
おめーの正体は俺が明かすんだ!!
助けられたあげくに解く前の答えなんかほしくねーーー!!

今度はキッドがキョトンとする番だった。


……アハハハハ! 怪我をしたらしい肩を押さえながら、キッドが可笑しそうに笑う。

しかし、まさか窓から投げ落とすとはなぁ。どうするー 名探偵。このまま降参か?
うるせー、んなわけあるか!!
戻るぞ飛行船に!

本編に戻る。


――――


という、どってことはない、妄想(?)でした。お粗末m(^^)m

拍手[10回]

この記事へのトラックバック
Trackback URL