名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 

祝!劇場版名探偵コナン第二十弾『純黒の悪夢』公開初日!!

パンドラ~エピローグ《3》了
カテゴリ★インターセプト4
─────────────────────────────


さらに数日が過ぎた。

春の嵐が吹き抜けた夜、俺は工藤に『泊まりに来い』と誘われた。



拍手[10回]

※『純黒』公開まであと二日! 初日初回チケットGET済みです♪  公式のカッコいい黒のメンバー観たら、こんなんupしてるのおこがましくて穴に入りたい気分になること間違いなし(@@)。楽しみです!


パンドラ~エピローグ《2》
カテゴリ★インターセプト4
※冒頭、快斗くん回想
─────────────────────────────

拍手[7回]

※20160414、少々追記しました(*_*;

パンドラ~エピローグ《1》
カテゴリ★インターセプト4
─────────────────────────────


『A secret makes a woman woman.』

〝女は秘密を着飾って美しくなるのよ〟

あの女は口元を綻ばせ、再び私にそう言い残し…そして姿を消した。


拍手[6回]

奇跡の月と運命の彗星《11》
カテゴリ★インターセプト4
─────────────────────────────
 

「邪魔しないで欲しいって言ってるのは、あのボウヤたちのことよ」

「ホウ…それは工藤新一と、誰のことだ?」


拍手[5回]

奇跡の月と運命の彗星《10》
カテゴリ★インターセプト4
※冒頭、赤井さん
─────────────────────────────


スコープの向こうで工藤くんが動く。

もう一人、白く閃く何者かも屋上を駆けていた。


拍手[4回]

奇跡の月と運命の彗星《9》
カテゴリ★インターセプト4
─────────────────────────────


「行くぜ、キッド!」

「るせー名探偵。指図すんな!」

やっと逢えたってのに憎まれ口かよ。
言い返そうとした時には、すでにキッドは身を翻していた。



拍手[6回]

奇跡の月と運命の彗星《8》
カテゴリ★インターセプト4
※ウォッカ視点より
─────────────────────────────


噴き出す煙幕に捲かれて後ずさった。

鈴木財閥相談役と思しき扮装の男は、やはり別人だった。こんな仕込みをしてやがったとは…!


拍手[3回]

奇跡の月と運命の彗星《7》
カテゴリ★インターセプト4
─────────────────────────────


おれは墜落するヘリから投げ出された。

頭から落下しながら、海面に激突して火を噴くヘリを見た。
波打つ黒い海面が紅い炎に照らされていたのを憶えている。


拍手[6回]

奇跡の月と運命の彗星《6》
カテゴリ★インターセプト4
※赤井さん/哀ちゃんサイド。
─────────────────────────────


目標は湾岸に一際高く聳え立つ交易センタービルの屋上。

だが、向こう半分が海という立地のビルを超える高さの建造物は、近隣にはなかった。


拍手[5回]

奇跡の月と運命の彗星《5》
カテゴリ★インターセプト4
─────────────────────────────


俺とバーボンがいるヘリの位置から10メートルほど手前でジンたちが立ち止まる。

和装の老人の肩を抑えていたウォッカが、老人の頭を鷲掴みにするやいなや、老人の頭巾を引き剥いだ。


拍手[9回]

奇跡の月と運命の彗星《4》
カテゴリ★インターセプト4
─────────────────────────────


「アタイに組織を裏切れってのかい?!  見くびるんじゃないよ、キール!」

〝新たな仲間〟として迎えたいと言うと、キャンティは予想通りの怒りを私に向けてきた。


拍手[8回]

奇跡の月と運命の彗星《3》
カテゴリ★インターセプト4
※冒頭コルン独白。
─────────────────────────────


無様に倒れたままのわたしを細身のスーツを纏った男が見下ろしていた。

男はつと手を持ち上げると、わたしが見ている前で顔を覆っていた〝仮面〟を外した。


拍手[6回]