名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 8 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 

ラブ※コメ(新一×快斗)

『薮蛇』の続き?です。
―――――――――――――――


「よぉ工藤。元気やったかいな」

「服部…テメェ……性懲りもなくまた現れやがったか」


拍手[5回]

赤い月(新一×快斗)

―――――――――――――――

窓際に立つ快斗のシルエットの向こうに、低く赤い月が浮かんでいた。

大きな赤い月は上部が三分の一ほど欠けていて、どこか不安な気持ちをかき立てる。

拍手[7回]

薮蛇(新一×快斗)

※お気楽編です。

―――――――――――――――


「よお、工藤~ 元気やったかいな」

「服部……テメェ何しに来やがった。この家には金輪際入れねぇって、この前そう言ったろうが」


拍手[4回]

月蝕《2/2》(新一×快斗)

―――――――――――――――

工藤の側にいたいという想いと、近付きすぎては危ないという思いの狭間で揺れながら――実際はこうなる事を望んでいたのかも知れない。


拍手[5回]

月蝕《1/2》(新一×快斗)

※設定イメージは10月20日アップの『睡魔』と同じです。はっきり続きではないですが…。
新一は快斗が怪盗キッドであるとまだ見抜いてない、という状況設定です。

―――――――――――――――


始めの頃、快斗はなかなか俺に心を見せようとしなかった。


拍手[5回]

退院祝い《2/2》(新一×快斗)
(R18)

―――――――――――――――


灯りはサイドテーブルのフットライトだけにしてベッドに座った。

薄暗い室内がそれなりの淫靡さを演出する。

拍手[7回]

退院祝い《1/2》(新一×快斗)

『ホスピタル』の続きになります。
お気楽系甘イチャでスタートしますが…。

―――――――――――――――


「動くなよ、工藤」

「快斗……?」

拍手[5回]

ユクエフメイ(新一×快斗)

―――――――――――――――

怪盗キッドが消えた。
イコール快斗も行方不明。
なにが起きたのか。

拍手[7回]

ホスピタル(新一×快斗)
―――――――――――――――

『工藤くんが警察病院に入院しました。このことはごく一部の人間しか知りません』

めずらしくメールではなく電話の着信。あれと思って出ると、俺が応答する前に〝相手〟が勝手に話し始めた。

拍手[10回]

follow《2/2》(新一×快斗)

―――――――――――――――

明るい黒羽の笑い声に耳をくすぐられる。

話をして驚いたのは、黒羽の頭の回転の速さだ。

拍手[9回]


follow《1/2》(新一×快斗)

同じような設定で同じような話をこれまでもアップしてるのですが、しつこくまたまた焼き直しです(汗)。一応『If』の続きと言うことで;;

―――――――――――――――

脳震とうを起こして倒れてる時に工藤にキスされてから二週間近く経っていた。


拍手[8回]

堕落(新一×快斗)R18

―――――――――――――――


帰るなよ、と工藤が言った。

いや、なに言ってんだ、明日ガッコだから帰る、と俺は起きあがろうとした。

拍手[9回]