名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 

ペニー ホラー レイン(新一×快斗)
────────────────────────────────

しとしと。…しとしと。
深夜。音もなく降り続く細い雨。

リビングの窓から外を見ていたオレに、快斗がおかしな事を言い出した。


拍手[10回]

お話のあとに「拍手御礼+ひとりごと」あります~。

ミスター・ローズ(新一×快斗)
※お手軽系ベタいちゃショートです。
────────────────────────────────

「なに見てんだ? さっきから」

夜になって訪ねてきた快斗は、部屋に落ち着いたと思ったら自分の携帯電話の画面とずっと睨めっこをしている。


拍手[16回]

カルマ(新一×快斗)R18
※定番お気楽系の部類です…(汗)。
────────────────────────────────

快斗の様子がおかしい。問い詰めると、右肩を脱臼したと言う。


拍手[16回]

仰げば愛し(新一×快斗)
※映画「絶海の探偵」パロっぽくなってます(汗)。軽甘ショート。
────────────────────────────────

朝からまったりした休日。

先日読み終わったミステリーを珈琲の香りとともに考察しながら再読する…オレにとっては贅沢な時間だ。


拍手[8回]

サクセスムーン~屋根上の猫~(新一×快斗)
※快斗くん視点。ショートです (*_*;
────────────────────────────────

月には不思議な力があるんだ。

最も多くその恩恵を受けることが出来るとされているのが〝サクセスムーン〟。


拍手[8回]

エロスの神様(新一×快斗)
※軽め?毎度のイチャです(*_*;
────────────────────────────────

「元気出せよ、名探偵」

「出ねえ~。世の中ロクでもない事件が多すぎる」


拍手[16回]

奇跡(新一×快斗)
※快斗くん視点、ショートです。
────────────────────────────────

午後の陽射しを感じながら、うとうとと微睡んでいた。

ああ…いま俺は夢を見てるんだなあと思いながら。


拍手[10回]

疑心暗鬼《新一サイド》(新一×快斗)
※昨日up 快斗サイド『自業自得』のつづきです (*_*;
────────────────────────────────

読み返していた推理小説のページをめくろうとして、オレは指を止めた。

カーテンが揺らいだように感じたのだ。


拍手[12回]

自業自得《快斗サイド》(新一×快斗)
※カテゴリが違うのですが 2012.7.31~8.2up「黒の鎖」のつづきであり、同 8.4up「開かない扉」と対の内容になっています。
────────────────────────────────

〝ブブブ。ガタガタガタ〟

床が振動している……。携帯のバイブか。

いま、何時だ…?


拍手[9回]

掠れた記憶3《2/2》(新一×快斗)R18
────────────────────────────────

避けて通れないだろう事は内心覚悟していた。

工藤と触れ合う感覚を体が覚えていることは、一週間そばで過ごして、自分でも解っていたから。



拍手[10回]

掠れた記憶3《1/2》(新一×快斗)
※2012.11.19 & 2013.1.13 up 同タイトル1・2のつづきです。
そういえば、これも『世紀末~』から派生の新快パラレルでした。ちゃっかり場所が東京になっちゃってますが…(*_*;
────────────────────────────────

夏休みだから構わないだろ、と工藤に押されるまま、俺は一週間ぶっ続けで工藤邸に居候していた。



拍手[11回]

ストレンジャー イン ホラー(新快前提 ??&快斗)
※快斗くん視点にて。
────────────────────────────────

〝いらっしゃいませ…、ご友人の方ですね? あいにく主人は帰宅が遅れております〟

俺は驚いた。
誰もいないはずの工藤の家に玄関の鍵を開けて入ると、不意に何者かに声をかけられたのだ。


拍手[13回]