名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 8 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 

トラベル/トラブル《4/4》(新快前提 3/4組)
カテゴリ★トラベル(新快)

※快斗くん視点からの続きです。
───────────────────────────

真空の中を漂っているようだ。

俺を振り落とした車がハンドルを切って角を曲がろうとしているのを感覚で意識しながら、俺は宙を舞った。



拍手[11回]

トラベル/トラブル《3/4》(新快前提 3/4組)
カテゴリ★トラベル(新快)

───────────────────────────

いったい何故。いったい、どうしてこんな事に……!

いくら走って追いすがっても絶望的な速度で遠ざかってゆく暴走車。
轢かれそうになり咄嗟に飛び退いた快斗が、その屋根にしがみ付いているのに。


拍手[7回]

トラベル/トラブル《2/4》(新快前提 3/4組)
カテゴリ★トラベル(新快)
※新一くん視点から…。
───────────────────────────

「そんなら窓下の複数の足跡はなんやっちゅうんや?!」

服部が白馬に食い下がる。


拍手[8回]

トラベル/トラブル《1/4》(新快前提 3/4組)
カテゴリ★トラベル(新快)

『トラベル/スタート』から枝分かれした続きの一つです。

─────────────────────────────

「ああ? なんだって?!」

『ワリィ遅れる! いま服部がこっち来てて……殺人事件があったんだ!』


拍手[8回]

トラベル/サイクル《2/2》(新一×快斗)

※引き続き快斗くん視点です。
――――――――――――――――――――――――

いきなりこんな高級ロードバイク買いやがって……と思ったけど、工藤のヤツさすがに飲み込みが早い。


拍手[8回]

トラベル/サイクル《1/2》(新一×快斗)

※2012.05.15up『トラベル/スタート』のつづきの一つです。快斗くん視点で…。軽め展開予定です;;

――――――――――――――――――

ふざけんな。だからテメーはお坊っちゃまだっつーんだよ。


拍手[7回]

トラベル/温泉宿《3/3》
(新一×快斗)R18

――――――――――――――――――

酔いのせいだ、きっと。

そうでなきゃ、このテンションおかしい。


拍手[12回]

トラベル/温泉宿《2/3》
(新一×快斗)R18

――――――――――――――――――

部屋に戻り、カラリと襖を開けて俺たちは立ち尽くした。

枕元の灯りだけ点された和室。そこに二つ並んで敷かれた寝床――そのビジュアルに。

拍手[10回]

トラベル/温泉宿《1/3》(新一×快斗)

〝カテゴリ★トラベル〟の『トラベル/スタート』から枝分かれした二パターン目。快斗くん視点で。これもイチャLove系のつもりです…(^^;)。

――――――――――――――――――

晩飯でビール飲んだ。

手続き省略のために成人に見えるよう軽く変装してチェックインしたから。

拍手[11回]

トラベル/海《2/2》(新一×快斗)

※新一視点です。

『未成年者のみの宿泊には保護者の同意書が必要です』
――――――――――――――――――

この条項のために、俺たちは少しばかり苦労した。


拍手[9回]

トラベル/海《1/2》(新一×快斗)

『トラベル/スタート』のつづきの1つです。展開に迷った結果、さらにパラレルへと分けることに…(汗)。

――――――――――――――――――

二人で相談しながら、ワクワクして笑いながら、それでも心の奥底では〝そんなうまくいかねーんじゃないの〟と思っていた。

――果たして今度の連休、工藤と二人でちゃんと出掛けられるんだろうか?


拍手[6回]

トラベル/スタート(新一×快斗)

※トラベルシリーズのすべての始まり、ということに…(汗)。

――――――――――――――――――

工藤と付き合うようになって、ずっと互いの自宅を行ったり来たりしている。

て言うか、まぁ、ほぼ俺が工藤ん家に通ってるんだけど。

拍手[7回]