名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 

拘束LOVE《3/3》(新一×キッド)R18
──────────────────


謎めいた怪盗。
その衣装を剥ぎ取ってしまえば、密かに抱いてきた一種の憧憬は消える──と思っていた。

だが妄想を現実にしてもなお怪盗は繊細で美しく、オレを魅了してやまない。



拍手[4回]

拘束LOVE《2/3 》(新一×キッド)R18
──────────────────


「防音は完璧だ。大声出しても大丈夫だからな」

名探偵は優しく俺に囁いた。



拍手[6回]

拘束LOVE《1/3》(新一×キッド)
──────────────────


「少しくらい暴れてもいいぜ。その方が盛り上がるし」

これで何人落としてきたのかと思わず息を飲むような圧倒的オーラを醸し出し、極悪非道な名探偵は俺に向かって微笑んだ。



拍手[5回]

除夜の鐘(新一×キッド)
──────────────────

怪盗が訪れる夜。

オレは今夜もそれを待っている。



拍手[4回]




屋根の上で怪盗を全力待機
(キタナくてスミマセン)

拍手[3回]

秋の音(新一×キッド)
──────────────────


大学から警視庁へ直行し、解決した事件の調書作成に協力してから帰宅すると、すでに辺りは真っ暗になっていた。

本当に日が短くなったと実感する。


拍手[9回]

始まりのKiss(新一×キッド)
──────────────────


探偵のくせに、と俺は言った。

探偵だからさ、と工藤は応えた。



拍手[8回]

恋人色の満月(新一×キッド)
※オレ様探偵的視点、ショート(*_*;
─────────────────────────────


梅雨の晴れ間の夜空に浮かぶ、淡く輝く薄紅色の満月。

あれが〝ストロベリームーン〟だ。



拍手[2回]

十八夜月(新一×キッド)R18
─────────────────────────────


十八夜の月が、ようやくビル街の高さを超え、街を見下ろし始めている。

その朧な月光を浴びた工藤の姿は、夢で見た光景のように淡く浮かんで見えた。


拍手[16回]

桜舞う宵(新一×キッド)
─────────────────────────────


初めて怪盗キッドと邂逅した夜から、一年が経つ。

この一年の間には(オレにも、おそらくキッドにも)とても語りきれないほど多くの事件や出来事があった。

そしてオレたちは、ようやく約束の〝二度目の出逢い〟を果たそうとしている。


拍手[13回]

アナグラム(新一&キッド)
※『奇術愛好家殺人事件』パロのショート。新一視点。
─────────────────────────────


「あなたが〝魔法使いの弟子〟さんですか。はじめまして、僕は〝レッドへリング〟───土井塔克樹です」

階段から降りてきたのは、にこやかに笑うスラリとしたイケメンだった。さっきまではしゃいでいた園子は、彼を見るとポーッとなって蘭の後ろに隠れてしまった。


拍手[6回]

月蝕 II(新一×キッド)
※『月蝕』お題のショート。タイトルは『II』ですが、以前upしたものとは別パラレルです。
─────────────────────────────


〝喰ってやるぜ〟

屋根裏で待ちかまえていた探偵は、目を光らせて俺にそう言った。


拍手[8回]