名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 8 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 

突き指(白馬×快斗)
※白馬くん視点から。
やっとup…あっぷあっぷ(@@);;
──────────────────


左手中指を突き指した。それもかなり酷い。

体育の授業中に、バスケットボールのパスを受け損なったのだから情けない。



拍手[11回]

同棲未満《3/3》(白馬×快斗)
──────────────────


とことん吃驚した様子の黒羽に、僕のしている事はそんなに突拍子もない事なのだろうかと改めて自問自答する。



拍手[18回]

同棲未満《2/3》(白馬×快斗)
──────────────────


「エッ、まさかココ?!」

白馬に渡されたシンプルな手書きの地図。その丸印の位置に建つマンションを見上げて、俺はあんぐり口を開けた。



拍手[18回]

同棲未満《1/3》(白馬×快斗)
──────────────────


家を出ることにしました、と白馬は言った。

だから俺は訊き返した。家出すんのか、って。



拍手[13回]

しのぶれど《2/2》(白馬×快斗)
─────────────────────────────


野球部や陸上部の声が聞こえる。

バスケ部のドリブルの音も、時折り体育館の方から響いてくる。


拍手[18回]

★一昨日の満月、昨夜の十六夜、とても幻想的でした~!


しのぶれど《1/2》(白馬×快斗)
※単独パラレル
─────────────────────────────


黒羽が戻ってきた。

だが、数週に渡って休んだ理由を、その真実を語るつもりは例によってないようだ。


拍手[17回]

秋憂《3/3》(白馬×快斗)R18
─────────────────────────────


おそらく黒羽は自ら抱える葛藤を越え、僕の前に現れたのだ。

そして僕も。
こんなにも黒羽を求めていたことを驚きと共に思い知る。


拍手[21回]

秋憂《2/3》(白馬×快斗)
※快斗くんサイド
─────────────────────────────


夕陽が落ちて暗くなると、なんだか急に落ち着かなくなった。

けど夜更けに家を出たのは、ただ〝なんとなく〟で、最初から白馬のところへ向かうつもりだったんじゃない。


拍手[20回]

秋憂《1/3》(白馬×快斗)
※単独パラレル、白馬くんサイドから(*_*;
─────────────────────────────


荷造りを終えて旅行バッグを玄関に置き、自室に戻ると〝彼〟がいた。

「…どうやって入ったのですか、黒羽くん」


拍手[20回]

昨夜は素晴らしいブルームーンでした! 美しすぎてクラクラ~~(*^_^*)!!


返り討ち《2/2》(白馬×快斗)
※両想いパラレル後編(^^;)
─────────────────────────────


「もしかして僕が怖いのですか?」

「誰がテメーなんか怖がるかよ! なんかしようとしやがったら、速攻返り討ちにしてやるっ」


拍手[24回]

返り討ち《1/2》(白馬×快斗)
※このブログありがちな(汗)両想いパラレル、アホ甘です。
─────────────────────────────


居間でおとなしく待っていると、黒羽が飲み物を持って戻ってきた。

カップをテーブルに置く黒羽の仕草を何気なく眺めていた僕は、シャツの襟から伸びた彼の首筋に目を奪れ、思わず「ほう」と言ってしまった。

拍手[24回]

◎年末ぷち白快SP◎
二人の大晦日(白馬×快斗)
─────────────────────────────


風呂を出て戻ると、部屋にいた白馬はソファーから立ち上がり、俺に歩み寄ってきた。

そして俺の頬に指を添え〝君が好きすぎて、僕はおかしくなりそうです〟と言った。


拍手[15回]