名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 

ダブルムーン《3/3》R18(新一×キッド)
カテゴリ★こういうこと

※東京都下、今夜の満月美しすぎです……!
──────────────────────────────

静かに工藤が振り向いた。

部屋に入った俺へ……手をさしのべる。


拍手[16回]

ダブルムーン《2/3》(新一×キッド)
カテゴリ★こういうこと
──────────────────────────────

工藤邸の二階へと階段を上りながら覚悟を決める。

俺は、自分で逢いたくて来たんだ。
工藤に────。

拍手[12回]

ダブルムーン《1/3》(新一×キッド)
カテゴリ★こういうこと
ムチャぶり探偵とオクテ怪盗のおかしな恋物語的シリーズのさらに続編。目指すは《R18》なんですが、今回は…?(*_*;

※琥珀さま、ますのさま、拍手コメントありがとうこざいます! この記事内のコメント欄に御礼を追加させていただきましたー!!
──────────────────────────────

あれから二度目の満月が訪れた。

〝あれから〟というのは、探偵と約束したあの日から数えて…ということだ。


拍手[12回]

難敵(新一×キッド)
カテゴリ★こういうこと

※ムチャぶり探偵とオクテ怪盗のおかしな恋物語的シリーズ続編。キッド様視点で…(汗)。
――――――――――――――――――

今夜も邪魔をされた。

前回は俺が出し抜いたのでこれで対戦は4勝4敗のタイといったところだ。

拍手[11回]

Third time lucky《3/3》(新一×キッド)R18

――――――――――――――――――

やっぱりコイツはゴーマン野郎だった。

俺を見下ろし、本当にぞっとするほど愉しげに――哄いやがった。


拍手[15回]

Third time lucky《2/3》(新一×キッド)

――――――――――――――――――


ヤツは俺の……〝怪盗キッド〟の正体に、すぐそこまで迫っているのだ。

ヤツは俺に問うた。

――――おまえは、 く ろ ば か い と なのか、と――――。

拍手[9回]

Third time lucky《1/3》(新一×キッド)

イコール「三度目の正直」です;;
2011.12.16『こういうこと』& 2012.01.15『朧月』の続編です。
――――――――――――――――――


『またオレの部屋に来い』とヤツは言った。

エラソーに、あのゴーマン探偵ヤロウは。

拍手[11回]

朧月(おぼろづき)《2/2》
新一×キッド (R18)

※再アップしました。(*_*;
――――――――――――――――


広いベッド。妙に明るい部屋。

名探偵の部屋じゃない。なんか……変だ。


拍手[11回]

朧月(おぼろづき)《1/2》
新一×キッド (R18)

※2011年12月16日アップ『こういうこと』の続編です。名探偵が無茶振り的性格なのでご注意を(汗)。
――――――――――――――――


目の前に名探偵が立っていた。

今夜も邪魔しに来たのかよ、と俺が言うと、違う、とヤツは言った。


拍手[6回]

こういうこと《3/3》新一×キッド
(R18)
―――――――――――――――

俺は今度こそ観念した。

もう――自分の殻に閉じこもるしか自分を守る術がなくなった。


拍手[13回]

こういうこと《2/3》新一×キッド
(R18)
―――――――――――――――

俺は自分の不用意さを呪うしかなく、あとはせいぜい怪盗の誇りまで奪われないよう、懸命に声を抑えることくらいしかできなかった。

拍手[10回]

こういうこと《1/3》新一×キッド

―――――――――――――――――

探偵に誘われて、俺は探偵の自宅を訪れた。

真夜中、人通りの途絶えた街を駆け抜け、そこだけ明かりの灯されたバルコニーに舞い降りる。


拍手[10回]