名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 

怪盗の香り(コナン&キッド)
※コナンくん視点
──────────────────


自宅に戻ったら家の中がほんわか暖かかった。
ここんとこ秋の長雨で肌寒い日が続いてるのに、なんで?



拍手[2回]

痛み分け(コナン&キッド)
──────────────────


「〝おねむ〟でしょうか名探偵?」

屋上に倒れ込んだコナンくんを抱き上げる。

コナンくんは目を細め、悔しそうに俺の袖を引っ張った。



拍手[1回]

一つ屋根の下(コナン&キッド)
※軽イチャショート、コナンくん視点
─────────────────────────────


怪盗が、居着いてしまった。

オレんち──すなわち工藤家の三階の隠し部屋に。


拍手[6回]

迷想(怪盗コルボー/初代キッド×優作)
※単独パラレル、コルボー正体不明設定、優作さん視点。
─────────────────────────────


「怪盗コルボー、君はいったい何者だ?!」

いきなり背後から呼びかけたにもかかわらず、黒衣の怪盗は驚いた様子もなくゆっくりと私を振り返った。


拍手[9回]

月国の魔法使い(初代キッド)
─────────────────────────────


〝快斗~、電気消して早く寝なさーい〟

したからお母さんのこえがした。


拍手[8回]

逢いたくて(コナン&キッド)
─────────────────────────────


「てめーとの追いかけっこは今日でお終いだ。コナンとしてはな」

小さな名探偵は眼鏡の奥から俺を見上げ、ハッキリした声でそう言った。


拍手[12回]

有り得ない(コナン&快斗)
※お気楽系です。
─────────────────────────────

「名探偵、なにやってんだよ! すっかり濡れちまってるじゃねーか」

「ヘーキだよ。もう夏だし。…ヘ、へッ、ヘクショッ!」


拍手[16回]

白衣でドッキリ《2/2》
※タイトル変でスミマセン(^^;)。
─────────────────────────────

「名探偵、意外とちゃんと小学一年生してんのな」

聞き覚えのある声。固まるオレの背中でポン!と音が弾けた。


拍手[10回]

白衣でドッキリ《1/2》
※タイトル通り軽いです(^^;)。
─────────────────────────────

「次は江戸川コナンくん。キミね」

「………」

ゆるふわカールの髪を揺らしてニッコリ笑う校医の先生。
なんで今日になって突然女の先生なの? それもこんなに若くて綺麗な。


拍手[12回]

冬の結晶(中森×キッド)
※中森警部視点よりスタート。
─────────────────────────────

今夜の東京は雪だ。
それも二十年に一度あるかないかという、大雪警報。

わしは悶々としながら怪盗キッドの予告時間が近付くのを待っていた。


拍手[14回]

★お見舞いメッセージいただきました。おかげさまでだいぶ良くなってきましたので…ありがとうございます!

福は内(コナン&快斗)
※毎度な定番ショートです。季節モンですがupが当日ギリギリの滑り込み~。コナンくん視点。
─────────────────────────────

『鬼はーー外!』

かけ声とともに、オレは二階の自室の窓から暗い空に豆をばら撒いた。

拍手[12回]