名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 

約束(新一×快斗)

――――――――――――――――――

寝苦しくて目が覚めた。

殴打された頬の傷が痛んだせいかもしれない。


拍手[14回]

街角の錯覚《3/3》(新一×快斗)

――――――――――――――――――


『こんばんは、みなさん』

怪盗キッドが現れた。いつものように余裕綽々の――キッドの声。

拍手[10回]

街角の錯覚《2/3》(新一×快斗)

※一人称「オレ」は新一です。描写省略ですみません。

――――――――――――――――――

気が付いたら冷たいフロアに頬を押し付けて倒れ込んでいた。

自分が異常事態に陥っていることは朦朧とする意識の中でも理解できた。

拍手[8回]

街角の錯覚《1/3》(新一×快斗)

――――――――――――――――――


夕暮れのスクランブル交差点だった。

一緒に歩いていたはずの快斗が不意に消えた。


拍手[12回]

帰り道(新一×快斗)R18

※以前アップしたいくつかのお話の後日談のさらに後日談になっています。知らないで読む方、説明も補足もなくてゴメンナサイ(汗)。

――――――――――――――――――


快斗は、やっぱりまだ怖がっていた。

あんなに苦しんでいたんだから仕方ないのかもしれない。


拍手[12回]

スウィート・キス(新一×快斗)

※昨日のがあまりに予定外の内容だったので、甘イチャでやり直しです・・・(^^;)。

――――――――――――――――――

顎を捉えてこちらを向かせると、快斗は少し唇を〝へ〟の字にして不本意であると意思表示した。

拍手[9回]

暗号(新快前提 白馬→快斗)


※白馬くん視点です。

――――――――――――――――――


しばしの平和な日々が続いていた。

黒羽は遅刻も居眠りもすることなく毎日きちんと登校し授業を受けていた。

拍手[10回]

宵闇(新一×快斗)

――――――――――――――――

思い当たるところを廻ったが、快斗の姿はどこにもなかった。


拍手[12回]

ホワイト・ラブ 2《2/2》
(新快前提 白馬→快斗)
――――――――――――――――

ブレザーの学生服を身に着けた工藤新一が、道端に立ってこちらを見ていた。


拍手[8回]

ホワイト・ラブ 2《1/2》
(新快前提 白馬→快斗)

――――――――――――――――

黒羽は以前の屈託なさを取り戻したようだ。

僕は内心ほっとしていた。

拍手[7回]