名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 

迫まりくる絲
カテゴリ★闇に棲む蜘蛛

つなぎ的な超ショートです。新一視点にて……(汗);
────────────────────────────────

まだ明るさの残る夕焼けの空に、突き刺さるように細く尖った白い三日月が浮かんでいた。


冴えた月の美しさに心を奪われながら、ふと視線を右に移すと……今度は黒く大きな雲の塊があるのに気が付いた。

落ちた陽が黒い雲の向こうを照らし、禍々しいほど濃いオレンジ色にその塊の輪郭を炙り出している。 さらに雲からは幾筋かの切れ端がちりちりと伸び、まるで指先のように広がって────月に向かい掴みかかろうと迫っているかのように見えた。



快斗は、また姿を消した。
欠けたクローバーの飾り紐が付いたモノクルと共に……気が付けば、オレの元からいなくなっていた。

快斗……どこにいる。
何を怖れ、何から逃れようとしているんだ。

快斗……!








20120823

拍手[9回]