名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 12 13 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 

風禍(新一×キッド)

※改題しました(汗)。
――――――――――――――――――

轟々と唸るような強風が吹き荒ぶ、真っ暗な夜半。

ヤツからの暗号(恋文)にあった待ち合わせ場所は、恋人同士が逢瀬するにはあまりに殺風景で不吉な気配を放つ場所だった。


ごおおん。ごおおおん。


風音は強まる一方だ。
いつもなら華麗に夜空を駆け抜ける美しい翼も、今夜ばかりは広げたが最後――煽られてその骼を折り、一溜まりもなく総ての羽根を引き千切られ毟り取られてしまうことだろう…。



こんこん。


―― なんの音?


くすくす。


(風の音……)


振り向いてヤツを探した。


「おい! ふざけるな!」


クスクス……


なぜだかゾクリと背筋が粟立つ。


コンコン。


―― なんの音だ。俺を、からかっているのか。



コンコン。



「キッド!」



(名探偵……古(いにしえ)から物事には〝約束事〟が在るのですよ)


「出てこい、キッド! いるんだろう?!」


(いけません……ちゃんと物事の〝順序〟を守っていただかなくては)


「キッド!」



コンコン。




ざわり。ざわり。気配が満ちる。




ヤツなのか。この凶暴な気配が。




「なんの、音……?」




耳元で(ウフフ)と嬉しそうに哄うヤツの声がした。微かな血と不吉な匂いとともに―――。




〝私〟ですよ、名探偵。

貴方なら私の文の意味を汲み、きっとここへ来てくださると思っていました。



「なんなんだ、この場所は……!」




私が以前――羽根をもがれた場所です。得体の知れぬ敵に囚われ貶められて、辱めを受けた場所。



な、んだって――?



厭で厭でたまらぬのに……


こんな月夜になると――気が狂いそうになるのです。

どうか、いま、ここで。私を――。





貴方のものに。





そうして……救っていただきたい。

この悪夢から。

風のように逃げても追い縋り、この身を包んで巻き込む記憶の渦から。


私を。





どうか、いま、貴方のものに―――。








20120331


拍手[5回]