名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 12 13 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 

ラブ※コメ(新一×快斗)

『薮蛇』の続き?です。
―――――――――――――――


「よぉ工藤。元気やったかいな」

「服部…テメェ……性懲りもなくまた現れやがったか」



「あかんなぁクドー、しつこく根に持つようなクドーい男はモテへんぞ。アハハ、工藤とクドい! オイ、すぐ突っ込まなアカンとこやぞ、これだからカントーはノリがワルイっちゅうねん」

「おめーこそクドいんだよ。いつまでもふざけてんじゃねぇ!」

工藤に肩をガッツリ掴まれて、なんや、と言おうとしたら、次の瞬間ソファーに押し倒された。ああん?

「……どうしたんや工藤。欲求不満かいな。俺を襲うたかて、たいして旨くないで」

「ばぁか」

ニヤリと笑った工藤が顔を近づける。オイオイ本気かいな。俺は来るもん拒まずやからかまへんけど。

唇が合う寸前に〝スイー〟と涼しい風が吹き抜けた。俺と工藤が折り重なったまま風が吹く方を見やると―――

「……か、快斗っ?!!」

きょとんと大きく目を見開いて黒羽が立っていた。気まずそうに目を伏せると『ゴメン。失礼』と言ってそのまま扉を閉めて出て行った。

「待てっ! 違う!」

硬直していた工藤が慌てた声を出す。んで俺を見下ろした。

「オメエ……」

「邪魔モンは去ったで。どうしてもっちゅうんなら特別に続きに付き合うてもええけど、どーする?」

「バカヤロッ」

工藤のヤツ、後はもう俺に見向きもせんと部屋を走り出ていきよった。

なんやねん。どういうこっちゃ。怪しいで。あとでつついたる。そしてこれをネタにアイツラを揺さぶれるだけ揺さぶったるで。と、俺は少々ふてくされながら起き上がった。つまらん役回りやで…今回も。アホくさ。






「快斗っ、どこだ!!」

まったく気配がない。オレはマジで慌てた。

なんだってこんなことになるんだよ。元はと言えば快斗が――。いや服部のバカヤローが。
そうじゃない。オレが勝手に勘違いしたんだ。危うく〝本物〟の服部とキスするとこだった。あれじゃキスしてたと思われてるか。おおーい、誤解なんだ快斗ぉ! オレのドジが誤解で勘違いなんだー!!(意味わかんねーっっっ)

辺りを走り回ったが快斗の姿はなかった。もちろん携帯にも出ない。
どうする。落ち着けオレ。落ち着いて最初から考えて――推理しろ。快斗の行動を。





……工藤が戻ってきた。
俺は工藤邸の玄関のすぐ上の屋根に座り込んで、工藤が俺を探しに走り出ていくところから見ていた。
だって。どうすりゃいいんだよ。
俺は俺でショックを受けていたんだ。何がショックって――あの場面を目撃して(どうやら誤解からああなったのだと工藤の様子から想像はついたけれど)、それでも折り重なる工藤と服部の姿にショックを受けた自分自身に驚いて――その事がショックだったんだ。
…なんであんなにズーンと胸にきたんだろ。なんでこんないたたまれない気持ちになるんだろ。バカみてぇ。ほんっとバッカみてぇー!

「快斗! 降りてこい!」

「…………」

工藤の呼びかけに、ついそっぽ向いてしまった。どんな顔していいのかわかんねーし。いまは近付きたくねえ。

「快斗! 今行くからそっから動くなよ!」

「……え」

工藤がダダダッと邸内に走り込む。入れ替わりに玄関から服部が出てきた。
服部が俺を見つけて顔を綻ばせて手を振る。なんだよ、もう。
立ち上がって振り向くと、もう工藤がすぐ近くの窓から体を乗り出そうとしていた。

「危ないぜ、工藤」

「バーロッ、だったらこっちに来いっ」

「……ヤダ」

「快斗!」

「もう少し頭冷やすからほっといてくれよ」

ピィピィ、と口笛が聞こえた。
下から服部が面白そうに見ている。

「……ちぇっ。わかったよ」

服部に冷やかされてモロ痴話喧嘩状態なのが恥ずかしくなった。仕方なく向きを変えて工藤のいる窓にノロノロ屋根づたいを歩く。そしたら。

「――っわ!」

足が滑ってバランスを崩した。怪盗キッドともあろう者が、集中力を欠くと俺もこんなもんか。やけにスローモーに目の前の景色が回る。


「………………」


『オーイ大丈夫なんかぁ、黒羽ー?!』



窓から身を乗り出した工藤に手首を掴まれていた。危なかった。マジで落ちていたら大ケガするとこだ。

「おい快斗、大丈夫か!」

「…ウン」

部屋の中に引っ張り込まれてぺたりと座り込んだ。まだちょっと心臓ドキドキしている。

「――さっきのは、おまえの変装だと思いこんでたからで…何もしてねぇからな」

フン。そんなの別になんとも思ってねーさ。と言いたかったが言えなかった。

「それにしても、服部に迂闊な事言わなくてよかった」

「……………」

そうだ。かなり怪しまれているが、俺が怪盗キッドであることは服部にまだ知られてなかった。のはずだけど。そのうちバレるな……こんな調子じゃあ。


オオーイ、どないしたぁ?? 仲直りしたんか~?


階下から冷やかす服部の声を聞きながら、俺たちはその通り、とりあえず〝仲直り〟のキスをしていた。
まだ少し微妙なムードに包まれていたけれど。





20111228

――――――――――――――――



お粗末様です。ちょっとした誤解からケンカして、そして仲直りするというラブコメの王道にチャレンジしてみたんですが。
ショートのお気楽編にするつもりが、いまいちサクっと切り上げられず……こんなんなっちゃいました~。(^_^;)






拍手[5回]

この記事へのトラックバック
Trackback URL