名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 


月に願いを《1/2》(新一×快斗)
――――――――――――――――


「快斗、頼みがあるんだけど」

「――なんだよ?」


「今度……キッドの姿で…来てくれないか」

「はあ?」

なに言ってんだ、このヘンタイ探偵。キッドのカッコさせてやるつもりか。
言い出した工藤が赤くなってモジモジしてるのがちょっとウケる。

「な、なんでだよ……」

あれ。俺まで噛んじゃった(汗)。
オメーがヘンなこと言うからだぞ。

「その――確かめたくて」

「何を」

「いや、だからその…………を」

「ああ? なに?」

「か、快斗が本当に――キッドなのかどうか」

「……………………」

なに言ってんだろ、いまさら。
変なヤツ。

そうは思ったが、工藤の気持ちも解らなくはなかった。つまり、普段の俺(黒羽快斗)と、〝怪盗キッド〟のギャップに納得がいかないんだろうな。たぶん。

「キッドのかっこしたら、どうすんだよ」

「してくれるのか?!」

おいおい。そんなキラキラした目で見んなよ、恥ずかしい。

「ん――ま、別に……ダメじゃないけど……ホントはダメだけど」

なに焦ってんだ、俺まで。

「一度でいいから――この手で……確かめたいんだ」

「………………」

そう言って珍しく俺の前で目を伏せた工藤は――なんだかちょっとかわいかった。

「仕方ねぇな。そんじゃ特別だぞ」

「えっ」

「一回だけだぜ。そのかわり俺が予告状送ったら、予告時間にここ開けて待ってろよ」

「わかった」

「それから…照明は抑えとけよ。怪盗の登場には雰囲気が大切なんだから」

「わかった」

大きく頷く工藤の頬が心なしか紅潮している。そんなにキッドに逢いたいのかよ。
なんだか――へんな気分。
キッドは俺なのに、なんだか……複雑。工藤は俺よりキッドの方が好きなのかな。
なーんてアホみたいなこと考えて俺が黙り込むと、工藤が不意に抱きしめてきた。

「バカなこと頼んでごめん。聞いてくれてありがと。俺、楽しみにしてる」

……ちぇ。

やっぱ名探偵は黒羽快斗よりキッドが好みなのかな。別にいいけどよ。

俺の分身であるはずの〝怪盗キッド〟に微妙なヤキモチ?を感じつつ、どうせやるなら工藤をせいぜいヨロコばせてやろうと、俺はキッド登場の演出を頭の中で考え始めた。




つづく
―――――――――――


あれっ。再アップの上に続いてしまいました(大汗)。すみません。
カワイイ二人に意外に萌えちゃって……えへへ。(^_^;)

拍手[6回]

この記事へのトラックバック
Trackback URL