名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 8 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 


白馬の呪い(白馬→快斗)?

快斗くんの独白です。クラスメートになったつもりで聞いてあげて下さい…。
(^_^;)
―――――――――――――――――

こないだすんげぇコワイ夢見た。


白馬がゾンビになって襲ってくる夢。逃げても逃げても追ってくるし、殴っても蹴っても起き上がってくる。とうとう腕を掴まれて、俺は泣き叫んで助けてくれって言うんだけど、白馬ゾンビは例の恐ろしいくらいの甘ったるい笑顔の口元に血を滴らせて俺の喉に噛みつこうとするんだ。俺はめちゃくちゃ暴れて、なんとか白馬ゾンビの腕から一度は逃れるんだけど、逃げた先が行き止まりになっていて、やっぱり追い詰められて壁を背にして襲われちゃうんだ。で、絶体絶命――ってとこで目が覚めて、やったー!! 助かった!!って安心するんだけど、そしたらなんとそれがまだ夢の中で、今度はチェーンソーを持った白馬がやっぱり追いかけてきて、俺は死にそうになりながら必死で逃げるんだよ。チェーンソーのぎゅうううんってすげえ音が後ろに迫ってきて、もうちびるかと思ったね。俺トイレに行きたかったのかなぁ。夕方寒かったから冷えたのかも。んで、ジェイソン白馬をなんとか振り切ったと思って目が覚めたら、今度はほんとに覚めたんだけどさ、俺の机の前に誰かが立っていて、見上げたらそれが――白馬だったんだよ!! まじコエエだろ?! ほんっと心臓止まるかと思ったよ!! え……? 何? 後ろ? やだなぁまたまた脅かして。振り向いたら白馬が恐ろしい顔して立ってたりとかな。あははっ、シャレになんねーーー!! ……って、ギャアアアアアッ!! は、白馬っ!! テメーいつからいたんだよ!!? エ? 最初から? またまた~。まじで? ・・・・・ごめんなさいっ! 全部夢だからさっ、怒んないで……ひぃっ、誰かっ、助けて!! ――って叫んで、またまた俺は白馬から逃げてきたんだよねぇ。なんでこんなに白馬のコワイ夢ばっか見んだろ。なんか俺、白馬に呪われてるみたい。




20111105

―――――――――――

ハイおしまいです。お粗末です。
先だって〝ダークサイド〟の白馬くんを書いてから、白馬くんを登場させにくくなってしまい、フォローのつもりで今回短い話を、と思って書き始めたのがコレです。フォローどころか後ろ足で砂かけてますよね……。どこまでも白馬くんに申し訳ないっ;;
あ、あの、でも念のため申し上げますと、私の中でのメインの白馬くん像は、「逢魔が時」「痣」で書いた白馬くんです! フォローするならこれだけ言っとけばよかったかな??(大汗);



拍手[7回]

この記事へのトラックバック
Trackback URL