名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 8 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 

妄想(新&白&平→快)R18
※新一視点、こんな表記ですが、軽め?です…(*_*;
─────────────────────────────

快斗。
なかなか言うことを聞いてくれないアイツ。
眠れぬ夜、オレは妄想を働かせ、少しばかりアイツを懲らしめる事にした。



・・・・・・・・・・・・・・・・

「何だよ工藤、急に呼び出して。そんでなんで白馬と服部までいるんだよ」

「今夜はおまえに特別サービスしてやろうと思ってさ」

「サービス? あっ」

「せや。俺らもサポートさせてもらうで」

「放せ服部、なにすんだ白馬まで!」

「静かに。僕だけで君を捕まえておくのは難しいのでね。またとない機会ですから、協力することにしたんですよ」

「なにをだよ?! 馬鹿、放せ、てめえらふざけんなっ」

まさか俺たち三人が同じ目的をもって(注:妄想である)力を合わせるとは考えてなかったのだろう。油断していた快斗の左右の腕をそれぞれ服部と白馬がしっかり掴む。
捕まえてしまえば体格も力も人数もこっちが上だ。閃光弾も煙幕も使う隙を与える前にベッドに(注:妄想なので即場面転換)引きずり倒す。

「やめろ! てめら寄ってたかって…!」

「しゃあないやんか、妄想やし。俺ら巻き添えくっとるだけや」

「それもこれも、君が思わせぶりな態度で工藤くんを惑わせるからでしょう?」

「そんなの…、あっ」

オレは快斗のシャツの下に手を忍ばせた。温かな快斗の肌がさっと竦む。そわそわと指先を這わせ脇から胸元、腰まで往復するように辿ると、快斗があげかけた声を呑み込むのが判った。

快斗…妄想本番はこれからだぜ。

ゆっくり、わざと音を立てて快斗のジーンズのベルトを外した。快斗が唇を噛んで顔を背ける。強情さは現実も妄想も変わりない。ああ…オレ、妄想でもやっぱりこんな快斗が堪らなく好きだ。

「や…工藤…っ!」

ずきん。
オレの方を横目で見上げた快斗の眦に、僅かに涙が滲んでいる。うわあぁー本当に堪らない。これが現実ならとっくに強烈な蹴りの一つも腹に入れられてるに違いないが。

「黒羽くん、綺麗です」

細いが均整のとれた半裸の快斗の姿に、白馬がほうとため息を付く。

「────アッ、こら、白馬?」

オレの妄想なのに、白馬のやつ、オレの妄想の目の前で快斗にキスしやがった。

「ほんなら俺も~」

「ばっ、コラ、やめろ服部まで! おまえらは見てるだけだ!!」

服部と白馬のアタマをど突いて止めさせようとした。
が、腕が動かない。

「あれ?!!」

あれ? あれ?

体が動かない!

「ちょっ…、おまえら、よせ!! オレの妄想だぞっ。勝手に動くな!!」

「アホかい。こんな御馳走目の前にして、大人しゅうしとれるわけないやろが」

服部が快斗の片脚を抱え込む。

「仕方ないですね…二番手に甘んじましょう。まずは羞恥に悶える君の貌をじっくり堪能させてもらいすよ、黒羽くん」

微笑んだ白馬が快斗の横に寄り添い、快斗の髪をかきあげる。


え────?!

なんで?!

快斗はオレの恋人だぞ!!

そんでこれはオレの妄想で、だから快斗は────。


「いっつもいっつも独り占めはよくないで、工藤」

や、やめろ、服部!!

「黒羽くん…力を抜いて。そうです、素直に感じればいい」

勝手に囁くなっ、白馬!!


────ああ…、あ、ああーっ!!


快斗が真っ赤になって首を振る。

持ち上げられた快斗の脚が、服部が、白馬が、ベッド全体が、オレを残して揺れている。

どうして?!!

快斗を抑え込んで覆い被さっているのは…服部と白馬。
必死に二人を止めようとするのに、思いっきり『やめろ』と怒鳴りたいのに、なぜか力はまったく入らず、握った拳は緩くしか動かせず、咽からは掠れた息しか出てこない。

そんな…。そんな馬鹿なっ!!!

オレの妄想なのに!! ?

なんでこうなるんだよお~~っ(@@);;








・・・・・・・・・・・・・・・・



「スゲー寝汗。どうしたんだよ工藤。めちゃくちゃうなされてたぜ」

「は、はあっ、はああっ、はあっ、はあっ」

見上げると、まん丸な快斗の瞳がオレを見つめていた。

どくどくと脈が波打っている。

快斗。服…、ちゃんと着てる。

これは〝妄想〟じゃない……?

「快斗ぉ~っ」

「なんだよ、どうした?」

夢だったのか?!
妄想してるうちに、途中で寝落ちしてたのか!

手が震えている。マジでどうしようかと思った。マジで…。

「快斗ーっ!!」

「あはは。落ち着けよ。こないだ用があって来られなかったからさ。コンビニスイーツ買ってきたんだ。朝飯のあとで食べよう」

「か、かいと…、ちょ…しょく…?」

快斗が少し照れたように髪を掻く。

「遅いしさ、泊めてよ。良かったら一緒に風呂入らねえ? 工藤も寝汗流してさっぱりすれば?」

「入るっ。入るよ~~~っっ。快斗、ほんとにごめん!!! おまえは誰にも渡さねえ!」

「なんだよ、急に…変な奴」

理由は絶対に明かせないが、オレは心底反省して快斗に詫びた。そして快斗に抱きついた。

これから一緒に風呂入って、一緒に寝て、一緒に起きて、一緒にデザート付き休日モーニングだ!!!!

オレは泣いた。
安心して、嬉しくて。

教訓。
妄想はよくない。
妄想はやめよう。
とりあえず、しばらくの間は。






20140614
─────────────────────────────


※妄想+夢オチでスミマセン(*_*;  
普通の高校生パラレル「悪酔い」に拍手いただき、思い立って別パターンを妄想してみたんですが自爆しました~ _| ̄|○


●拍手御礼
「帰れない」「朧月」「潜行」へ拍手ありがとうございました(^^)/

拍手[16回]