名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 

インターセプト《2/2》(新一×キッド)
(R18)※新一×快斗…かな?!
―――――――――――――――


どうしてこうなったのかわからない。

気がつけば求め合っていた。初めて黒羽を知ったあの日から。


「背中が痛てーから、今日は俺が上な」

「いいぜ」

裸の黒羽を抱え上げた。

「ちょっ…、そーゆー意味じゃねーよ!」

「いいから」

「いいから、じゃねぇって、あっ」

もがく黒羽がちょうど俺の真上にあった。腰を掴まえる。

「あ、あっ…。工藤、ズリィッ」

「ちょっと静かにしろよ」

「うあっ、あ、いきなりすぎ、だって……!」

眉を寄せた黒羽の頬に血がのぼる。
切なく体をくゆらす姿が俺の衝動を突き動かす。

「ああっ…。め、名探偵…っ」

「新一」

「し、しん……、あああっ!」



―――この想いは何なのだろう。

はたして恋と呼べるのかどうか。

黒羽との――キッドとの、この秘めた繋がりは何なのだろう。互いの欠けたものを求め合うように、いつの間にか抱き合い、夢中になっていた。一言も、この想いを口にしたことはないけれど。
黒羽も何も言わない。ただ、その蒼い瞳に俺を映して――微笑むだけ。

ああ。

黒羽…………。









「な……あの男、そうとうヤバい相手だぜ。一人で相手するには危険すぎる」

「わかってる」

「全然わかってねーよ。なんでわざわざ名探偵を眠らせたか、考えてみろよ」

「…………」

黒羽の言う意味。あの男の俺への異常な執着は、ただ命を奪うだけでは満足しない。血の通わない硝子のような目を思い出すと、今さらだがぞっとした。もしキッドに救われていなかったら。

「――で? キッドはなぜあそこに現れて俺を助けたんだ」

「名探偵の周りの不穏な動きが気になってね……。狙っているお宝を、目の前で他の奴にむざむざ奪われるなんて、怪盗には我慢できない屈辱さ」

お宝?

お宝……ってまさか、俺のことか?

黒羽はケロリとした顔で何でもない事のように言ったが、俺は一人で赤くなっていた。
先を越された。
キッドに、先に想いを口にされた。

なぜだか悔しいような焦った気持ちになって、俺は言葉に詰まり口ごもった。

――俺だって同じだ。
俺だって――もし目の前でキッドが危険な目に遭っていたら、間違いなく飛び出すだろう。
かけがえのない相手。そうだ、キッドは……黒羽快斗は、いまや俺にとって、なにものにも代えられない特別な存在になっている。

俺の横顔を見つめる黒羽の視線を感じる。気付かぬ振りをしたが頬が熱くなった。ふふ、と笑って黒羽が俺のこめかみに唇を寄せる。
抱き寄せてひっくり返すと、黒羽が顔をしかめて『うっ』と呻いた。背の傷を忘れていた。

「……ごめん」

「お手柔らかに、名探偵」

そっと口づけると、突然愛おしさが溢れ出て涙が出そうになった。



それぞれに命さえ狙われるような敵がいる上に、相容れない立場のはずの俺たちが――人には明かせないこんな〝仲〟になってしまった。

探偵と怪盗の、ややこしく危険な日々が加速する。

立ち止まる隙(ヒマ)はない。
俺たち二人の物語が始まったんだ。





20120108

拍手[11回]