名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 

☆遅ればせながら、明けましておめでとうございます!! 今年も細々とですが、よろしくお願いいたします~_(._.)_


初詣(新快前提 白馬→快斗)
カテゴリ★交錯5
※短めです(*_*;
─────────────────────────────

「工藤?」

初詣の人混みに紛れて、俺は工藤を見失った。



人垣に囲まれて、見通しが利かない。

「ちぇ。どこいったんだ、工藤のヤツ」

(…イテ!)

ドン、と脇から肩を押されてつんのめった。玉砂利に足を取られ、踏みとどまれない。

「わっ」

ズシャ。
すっころんで玉砂利に手を着いた。
カッコわる~。

すぐ立とうとしたが、体にぶつかるようにして次々人が通り過ぎ、うまく起き上がれない。見上げると四方を人に囲まれ、やけに空が狭かった。
力が抜ける。動けなくなる。

頭の上から、声がした。

〝どうした。大丈夫か?〟

低い声。知らない人の声だった。
ぶるっと心臓が震えた。

〝立てるか?〟

誰かが俺の腕を掴んで引っ張る。知らない誰かの手。

視界がぼやけて慌てる。

落ち着け。何でもない。ただ転んだだけじゃないか。呟いても息苦しさは増すばかりだ。

「……!」

俺は親切な誰かの手を振り払って跳ね起き、人波をかき分け、その場から必死になって逃げ出した。






社の裏の小さな広場。
その片隅のベンチに座り込んで、俺は自己嫌悪のため息を付いた。

「はあ~っ」

なにやってんだか、俺。
いつまでも狭いところを怖がって…。

〝狭いところ〟。

またドクンと心臓が震えた。

いや…そうじゃない。そんな事は解っている。低い位置から見上げた人垣の、そのシルエットが怖かったんだ。何人もに囲まれて苛まれた…嫌な記憶が甦るから。

だめだめ、考えるな。

工藤とはぐれてて良かったなと思う。
こんなとこ見られたら、また〝リハビリ再開だ〟とか言いそうだし。


ぽたり。


あれ…。

膝に置いた手に水滴が垂れた。生暖かい。もしかして、泣いてんのか俺。嘘だろ。


「黒羽くん」

「……」

聞き覚えのある声。俺はハッと顔を上げた。

「さっき走っていくのを見かけたので。どうしたんです? 顔色が悪い」

「白馬!」

拙い。今は誰にも会いたくない。
俺は立ち上がって白馬に背を向けた。

「逃げるんですか?」

「な…、馬鹿言え───」

不意に近付いた白馬の腕が包むように俺を抱き寄せる。
コートを挟んで白馬の体躯を感じた。

「おいっ」

「静かに。少し温まれば落ち着きます」

「いいから放せ!」

なんでてめーに抱き締められて落ち着くんだよ!
しかし、もがいても力が入らない。
それどころか、本当に自分が安堵感を覚えていることに気付いて驚く。

くそっ、困るんだよ、こーゆーの!

「快斗!」

え? え? 工藤の声?!
またややこしいとこに出てきやがって(>_<)!!

「やあ、工藤くん。久し振りだね。ハッピーニューイヤー!」

「ここで何してるんだ」

工藤の声が尖ってる。マズイ。白馬のヤツ、まだ俺を放さない。

「白馬、いい加減にしろっ」

「元気が出ましたか?」

白馬の腕の力が緩む。俺は体を回転させて白馬から離れた。

「黒羽くんが貧血を起こしたようなので、支えていたんです。治ったようですから、もう行きますね」

ああ…申し遅れました。今年もよろしく。そう言うと、にこやかに微笑みながら白馬は参道の方へ去っていった。

残ったのはコワい目をした工藤と、なんだかヘトヘトになった俺。
なんでだよ。新年早々コレかよ。
原因が自分だから何も言えない。

せっかくの工藤との初詣だったのに。
俺たちはきちんと参拝もできないまま無言で帰途に付いた。

前途多難な年が開けた。
しっかりしてない俺が悪いんだけど。





20150106
─────────────────────────────

※中途半端な内容でスミマセン。初詣ネタを考えているうちに『カテゴリ★交錯』に混ぜちゃおうと思い付いて…。思い付き成り行きブログなので、どうかご容赦を~(*_*;

●拍手御礼
「想定外」「アナグラム」「クリスマス・ツリー2」「メビウスの月」「二人の大晦日」へ、拍手ありがとうございました!(^^)!

   

拍手[8回]