名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 

月蝕 II(新一×キッド)
※『月蝕』お題のショート。タイトルは『II』ですが、以前upしたものとは別パラレルです。
─────────────────────────────


〝喰ってやるぜ〟

屋根裏で待ちかまえていた探偵は、目を光らせて俺にそう言った。



警察も引き上げたというのに、まだいたのか。
工藤の眼力と執念に少なからず敬意を覚えながらも、俺は呆れて溜息を付いた。
しかも工藤は謎解きの余韻か、いささか興奮を引き摺っているようだ。

「残念ですが、私も失礼するところです。またの機会に」

「次の月蝕は半年後、万が一それを逃せばさらに三年後だ。とても待てねーな」

何を言ってるのか。そもそも〝喰う〟ってなんだ。俺は食いもんじゃない。
工藤をスルーし、俺は屋根へ出るため両開きになっている天窓の紐を引っ張った。



今夜工藤に出会すとは思っていなかった。
街道沿いに立派な門を構える旧家。ここの当主がビッグジュエルを隠し持っているという噂を確かめるために潜り込んだのだが、噂は結局ガセだった。

ところがそこで事件が起きた。
屋敷の中は相続争いで殺伐としており、挙げ句親族の一人が何者かに襲われ重傷を負ったのだ。
行きがかり上(メイドに変装していた)俺が警察を呼ぶ羽目になり、そして警察と共にまさかと思っていた工藤が現れた。



「それにしても変装に気付かれていたとは思いませんでした」

「解るさ。〝定め〟だからな」

「定め?」

答えになってない。

「とにかく私は何も盗っておりませんし、今宵の事件とは無関係です。それでは」

「待てよ、キッド」

犯人逮捕に絡んで工藤は既に麻酔針を使っている。だから俺は気にせず背を向け、窓下の足場に飛び乗った。
そして開け放った窓から飛び出そうとしたところで、いきなり肩を後ろに引っ張られたのだ。

「?!」

上体が斜めに傾ぐ。足が宙に浮いた。

「───うわっ!」

頭からひっくり返った。
どん、と背中を抱き止められる。シルクハットが落ちて転がった。

「なっ、何をするんです! 怪盗のマントを気安く引っ張らないでいただきたい」

肘鉄を見舞ってやろうとした俺は、しかし胴に回された工藤の腕に強く抱き締められて身動きが出来なくなった。

耳元に工藤の声が触れる。


「見ろよ、キッド。月蝕だ」


「……」


つい、言われるまま天窓から空を見上げてしまった。


夜空に君臨していた満月は、今まさに地球の影に姿を隠すところだった。
僅かに上部だけが薄明るく光を残し、あとは朧なシルエットが残っているだけ。



赤く浮びあがる月。


皆既月蝕────。





「今夜は特別な夜だ。きっとおまえに逢えると思っていた」

偶然じゃないか。
言いかけて、俺は言葉を飲み込んだ。




そうかもな…。


月が喰われる夜。

時に月は人の心を惑わせる。
満ち欠ける月の移ろいと共に、起こるはずがないことが起こる。今夜の事件もそうかもしれない。人は古(いにしえ)からミステリアスな月の美貌に多大な影響を受け、振り回されてきたのだ。
 

天窓から緩く吹き込む風を受けながら、俺は目を閉じた。
工藤の唇の熱を首に感じる。

どうやら俺も月蝕の魔法に囚われてしまったようだ。
求められるまま火照り始めた自分を意識しながら、止むことなく響き渡る虫の音を聞いていた。

やがて互いの吐息が重なり、鼓動が激しくなると、その虫の音すら判らなくなった。


月が完全に蝕に入ったのだ。








20141011

─────────────────────────────




※皆既月蝕当日、10月8日に書き始めたんですが…雰囲気で流して下さい~(*_*;


●拍手御礼
「裏切り者」「有り得ない」、さらにひとりごとへも拍手いただきました。ありがとうございます(^^)/

★rina様、拍手コメ感謝です。インセプ飛び飛びチビチビで申し訳ないですが、引き続きお付き合いくだされば幸いでございます~(@@);;

★1412様、拍手コメ感謝です。クリアファイルは長年週サンを買ってる知人から譲ってもらっちゃいました。もったいなくて使えないんですけども(^^;)。それにしても集中連載始まるって知らなくて。コナンくんもちょくちょく連載飛ぶので油断してました…(>_<);;


   

拍手[8回]