名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 12 13 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 


アブノーマル(R18)
(新一×快斗)
――――――――――――――


名探偵は〝S〟だ。

本人も否定しないはずだ。

これまで俺は散々な目に遭ってきた。


大きな声じゃ言えないが――――

血が出るほど噛みつかれたり。

縛り付けられて身動きできない状態でやられたり。

凶器(フォーク)をベッドに持ち込まれてひっかかれた事もあったなぁ。

他にもいろいろある。

とにかく、俺が『痛い』とか『やめてくれ』とか訴えても、逆に激しくなることはあっても控えてくれることなんかまずない。

苦しくて唸っているのに、それが探偵には俺がヨがって鳴いているように見えるんだ、きっと。酷すぎる。

…まぁ、たまには嫌なのに感じてしまう時もあるけど。少しだけ。

でも、決して俺は〝M〟じゃないっ! そう思われるのだけは我慢できない。
――と探偵に啖呵を切ったら、探偵のヤロウ、ふふんと鼻で笑いやがった。


「じゃあ今日はどうしようかなぁ」

どうしようかなぁ、じゃねえよ。

目を細めて薄く笑みを浮かべた探偵にそう言って見入られ、俺は早くもビビり出す。思うつぼだと分かってても、後ずさってしまう。

「や…やめろよな、変な事すんの」

「んじゃ、特別にリクエスト訊いてやるよ」

「え?」

「縛られたいか、目隠しされたいか、スパンキングとかウィッピング試してみるか」

――な、、な、なんだよソレ?!
こ……怖えぇよ~ 聞いたことない単語出てきたよ~(泣)!!

探偵の知識は雑多すぎて手に負えない。
お願いだから優しくして下さい!

「古風だけどローソク使うってのもあるな。――さっさと、選べよ。どぉすんだよ?」

部屋の隅にまで追いつめられて顎を捕まえられる。

「…………め……目隠しで」

それが一番無難だと思ったんだ。


ても、甘かった。

目隠しされて……やられるのは、ハンパなくしんどかった。精神的に。

とにかく見えないから少しの振動や衣擦れの音にも神経を削られて――
ものの数分で消耗してしまい、俺はギブアップを申し出た。
聞き入れられるはずなかったが。

勝手に外したら両手両足縛り付けるぞと脅されて、目隠しされたままやりたい放題やられた。
工藤のヤツ――例の変声機を使いやがって――いろんな人間の声音で俺を襲って、頭ではわかってても、本当に怖くなって俺は……泣きそうになるほど(実際に泣いてたかも)精神的に追い込まれてつらかった。

おまえは正真正銘、本物の〝S〟探偵だぜ、工藤。お見逸れしました。

もーだめ。疲れた……。
動けない……。
いつも酷い目に遭うのに、どーして工藤から離れられないんだろ。俺って…バカだなぁ……。





――快斗のヤツ、疲れきって眠ってしまった。

おまえのせいだぜ快斗。おまえがあんまり素直だから、ついいじりたくなっちゃうんだ。
そういう意味では不本意でもお互い惹き合う仲って事で――いいんじゃないかな。
それがSMでも、S極N極でも。





20111027

拍手[11回]

この記事へのトラックバック
Trackback URL