名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 

闇夜(新一×快斗)


深夜。
ベッドに横になってうとうとし始めていた。

―― 今日は快斗から連絡なかったな……。寝る前に〝おやすみ〟と一言メール送信したけど、返信もこなかった。

いつの間にか惹かれ合って、抱き合うような仲になったけど、馴れ合いはいやだと快斗は言った。
依存するつもりはないと――。



ふと……何かの気配を感じて…寝返りをうった。
はっ、とする。

『…!』

部屋に誰かいる。

驚いて――驚きすぎて反応できない。いや、寝入っていたので身体がついてこないのだ。

じっとしたまま闇に目を凝らし何者かの気配を探る。いったい、いつの間に。夢……ではない。


影が揺らいで、やがて声が…、微かに漏れてくるのは……嗚咽だった。

え――?

『まさか……』

快斗!

浮かび上がる影が、ベッドの脇にガクリと膝を着き、耐えきれなくなったようにしゃくりあげる。

俺が手を伸ばすと、びくりとして動きが止まった。

「……どうした……?」

問いかけたが、掠れていて自分の声ではないみたいだった。

快斗の髪に掌を置き、頬に滑らせると、快斗の頬は涙で熱く濡れていた。

しばらく黙り込んだままじっとしていた快斗は、一言〝ごめん〟と言った。
そして俺のベッドに突っ伏して、肩を震わせて――声を押し殺して――泣き続けた。

俺は何故だか問うのが可哀想になって、ただ快斗の髪を撫でて……〝いいんだ、かまわない〟と応えた。


月も隠れた真っ暗な夜。

忍んできた快斗は何かに深く傷付いていて、ただ〝ごめん〟ともう一度その言葉だけを繰り返して、まるで懺悔をするかのようにいつまでも膝を着いて突っ伏したまま動かなかった。




20111028

―――――――――――――



あとがき


説明不足ではありますが、これはこれで以上です…。
十日ほど前にアップしたお話の続きなのです。自己満足ブログなので(スゴイ言い訳;)ご容赦下さい。(+_+)

拍手[5回]

この記事へのトラックバック
Trackback URL