名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 8 9 10 11 12
13 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 

儚い影(新一×快斗)
※単独パラレル・プチ甘ショート(*_*;
─────────────────────────────


夜半に目が覚めると、隣で眠っていたはずの快斗がいなくなっていた。



シャワーでも浴びてるのかと思い、そのまま微睡んでいたが、快斗のやつなかなか戻ってこない。

目を開けて部屋を見渡した。
カーテンの隙間から差す淡い光が帯のように伸びている。雨模様の日が続いていたから、久しぶりの月明かりだった。

「………」

掛けていたガウンがない。
やれやれと心の中で呟いて、オレはベッドから起きあがった。




少し開いていた客間のドアから中を覗くと、窓のカーテンが微かになびいている。
近づくと、窓の外で何か動いた。

ブラブラ揺れていたのは、屋根に腰掛けた快斗の脚だった。



「快斗!」

「あ、やっときた」

「やっときた、じゃねえ。風邪ひくぞ、中に入れ」

「やだね、久々の名月だぜ。それよか静かにしねえと近所迷惑だぞ、工藤」

「近所迷惑より、テメエがオレ迷惑だ! 心配すんだろが。またいなくなったのかと思って」

つい言ってしまうと、快斗はふーん、と少し首を傾げてオレを見下ろした。

「…ったくもう!」

「おい、スリッパ先に寄越せ、工藤」

ベランダの手摺に裸足でよじ登ると快斗が手を差し伸べてきた。快斗の手に縋って屋根に取り付く。

「おおっと」

向きを変えようとしてふらついた。慌てて両手を屋根に着く。

「おいおい、危なっかしいな名探偵。落ちたらこの高さでも下手すりゃオダブツだぜ」

「うるせえ。元コソドロみたいにいくか」

「そこ〝元怪盗〟ね」

月明かりを浴びた快斗の笑みに思わずはっとして胸が詰まる。儚い影が、かつて対峙したキッドのものと重なって───。

快斗が羽織っていたガウンをひろげる。オレは快斗の懐に入り込んで一緒にガウンにくるまった。スリッパを履き直す。

「おお、あったけ~」

「二人ならなおのこと…ですね」

今のオレの想いを読んだかのように、快斗がキッドの口調で呟いた。

「ばあろ、ちょっと思い出しただけだろ。オレが好きなのはなぁ!」


オレが好きなのは。

〝今オレの目の前にいるおまえ〟だよ。


そう呟くと、快斗は小さく『えへへ』と笑った。

やっと逃げなくてもよくなったんだせ。いなくなるわけないだろ。

そう言って。
オレを見て、また笑った。






20150916
─────────────────────────────



※お粗末さまです…(*_*;
※カテゴリ★インセプ、はやくカタをつけたいです。でないと他の妄想がしにくい~(@@)。

●拍手御礼
「月光という名の真実」「空耳」「閃光(改)」「リセット」「囚人」「返り討ち」「予見」& カテゴリ★インターセプト各話 へ、拍手ありがとうございましたー(^^)/



   

拍手[16回]