名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 

悔恨《2/2》(新一×快斗)R18
※後半は新一視点から…。
─────────────────────────────

快斗が怒るのも無理はなかった。オレ自身、最低の質問だと分かっていた。
それでも訊かずにはいられなかったのだ。

怪盗の〝仲間〟のことを。


オレと快斗は鏡に映る正反対の自分だった。
初めて向かい合った瞬間、オレたちは言葉を交わすより先にそれを認識したのだ。全身を駆け抜けた戦慄とともに。


怪盗キッドの素顔を手に入れ、快斗のすべてを知って、もうこれ以上望むものはないと思った。
なのに〝自分より快斗に近い者がいる〟という事実は、思いも寄らぬ感情をオレにもたらした。

それは内から身を焦がす黒い塊となってオレの心を蝕んだ。
ようやく訪れた快斗を前に、平静を装っていたオレの理性は簡単に吹き飛んだのだ。


「待ってたんだ、快斗。ずっと…!」

「は、なせ…工藤っ」

火照る体を小刻みに震わせながら、それでも快斗はオレを許せずにいる。懸命に唇を噛み、声を抑えて抵抗する。
オレは余計に苛立って、わざと強引に快斗の体を開かせた。羞恥を覚えるような姿勢を強いて、動けぬ快斗を焦らすように弄ぶ。

「う…ああっ…」

やがて快斗の唇から堪え切れぬ吐息が溢れ出すと、オレはすぐさまその背に体を重ねていった。

滑らかな快斗の肌がオレの体にぴったりと吸い付いてくる。
髪を揺らし、快斗が切なく頭(かぶり)を振る。熱を蓄えた肌は発散を求めて激しく脈打っている。どちらのものか判らぬほど呼吸が忙(せわ)しくなり、きいんという異音が耳をつん裂いた。

拒絶と懇願。快斗を両極に引っ張る矛盾。オレはそんな混乱も懊悩も何もかもすべて含めて快斗を自分のものにしたかった。
誰よりも快斗に近付きたい。快斗にオレを唯一の存在と認めてほしい。

「快斗────!」

「く…ど───…、あ、ああっ!!」

快斗が叫び、掴んだシーツを引っ張るのが分かった。オレはもがく快斗にさらに強く自分を打ち込んだ。

快斗の熱と自分の熱が溶けて交わるのを覚える。気が遠くなるような高みへと昇りつめる。押し寄せる高波に身を任せ、揺さぶれるだけ揺さぶり続けた。

快斗ががくりと前に倒れ込み、大きく震えながらびくびくと肌を震わせ収縮を繰り返す。
深く繋がっているという痺れるような実感に、オレもまた大きく息を吐き、自分を解放した。








かいと、と呼ぶ声がする。すぐ側で。
寄り添う肌。工藤の温もり……。

「快斗」

「………」

「しっかりしろ」

よく言う。
あれだけ無茶苦茶しやがって。
とてもじゃないが返事をする気にならない。体中の力が抜けて、顔を上げるのも億劫だ。

「快斗…」

不意に囁く声が掠れ、俺は工藤に背を向けたままハッと目を開けた。

工藤もまた葛藤しているのか。
悔やんでいるのだろうか。俺を愛したこと…。
本当はもっともっと俺に問いただしたいに違いない。しかし、それをすれば俺は工藤から離れるしかない。

こんなに好きなのに。
こんなに互いを求めているのに。
俺たちは、どうして向かい合わせでなければ互いを見ることができないのだろう。
同じ方を向いて肩を並べ、語り合うことが出来ればよかったのに…。

「快斗。オレはきっと乗り越える」

不意にきっぱりと工藤が告げた。

「対極の者同士としておまえと向かい合うのではなく、本当のおまえと…黒羽快斗とオレは一緒に並んでいたいんだ」

工藤が俺の肩に腕を回す。
ぐいと抱き起こされ、どうしていいのか困って俺はただ黙って自分を覗き込む工藤の瞳を見詰め返した。

「快斗…、好きだ。おまえが」

「………」

「何があってもオレはおまえを離さない。たとえおまえが逃げても、何度でもオレはおまえを捕まえる。絶対にな」

馬鹿か、てめえは。
そう言ってやりたかった。

だけど声は出せなかった。

一言声を発すれば、かろうじて繕っているポーカーフェイスは完全に崩れ去る。
工藤にしがみついて、俺もおまえが好きだと、絶対におまえから離れたりするもんかと────言ってしまう。
自分が怪盗で、工藤が探偵であることを忘れて。

来るんじゃなかった。

どんなに逢いたくても、やはり今夜工藤の元を訪れるべきではなかったのだ。
俺は後悔していた。
工藤の微笑みに胸を抉られるほど心を震わせながら、心底後悔していた。





20140426
─────────────────────────────


※お粗末様です…元々勢いで書く派なので、upに時間がかかるほどちぐはぐになってしまう~;;という言い訳…(*_*;

●拍手御礼!
「罠」「下弦の月」「プロムナード」「悔恨《1/2》」へ拍手いただきました。感謝です(^^)!

《プチひとりごと》
映画新作、初日全回ほぼ満席でしたよー! 注目度断然高し。さすがコナンくん! 見終わった大学生くらいの男の子や女の子が喜んでいたのが印象的でした♪ どう喜んでいたのかは…ネタバレになるのでまだナイショです。ごめんなさいー(^-^;
そして連載中の原作、週刊少年サンデー最新号を見逃すな!!! 次号、超どきハラ展開ですよ~(*^^*)!!

拍手[13回]