名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 

そう遠くない未来・君のバースデー(白馬×快斗)
※白馬くん視点の定番甘イチャです(*_*;
─────────────────────────────

「黒羽くん、今年の誕生日はどのように過ごしたのですか?」

「どのようにって…誰のだよ」

「君の誕生日のことに決まってるでしょう」


まったく。二人でいる時に、他の誰の話をすると思っているのだろう。いささか呆れながら、僕はようやく並んで座ってくれた恋人の横顔を見つめ直した。

「べっつに。クラスのやつらにコンビニのチョコアイスおごってもらったっけかな」

「ほう。中森さんや小泉さんは?」

「ああ、青子には出来損ないのケーキ食わされたな~そういえば。生クリームが多すぎてイチゴが埋もれてやんの」

「手作りですか」

中森さん、なかなかポイントの高いプレゼントではないか。

「そうだ、そんで紅子にはワケのわかんねー呪いかけられた」

「呪い?」

「俺の頭に手を翳してさ。ナントカカントカ~汝さすればミツルナルカミのチョーアイスがタマラン。とか? 意味わかんねー」

「…………そうですか」

ナルカミ。鳴雷。
六月の呼び名の一つ〝鳴雷月〟のことではないだろうか。

「それは、もしかしたら〝満る鳴雷月の寵愛賜らんことを〟だったのでは?」

「さーね。呪いの言葉なんてろくなモンじゃねえよ」

「…………」

呪いどころか、魔女と称する彼女にすれば最大級の〝祝詞(のりと)〟だったのではないだろうか。

「ふふふ」

僕は黒羽の髪に指を通して抱き寄せた。

「わ、よせ。くすぐってえ」

「君は本当に」

皆に愛されてますね。
それが誇らしくもあり、少し悔しくもある。今年の君の誕生日、まだ君と出逢っていなかった僕としては。

「来年の誕生日は予定を空けておいて下さいよ」

「えーどうかな。今からそんなこと言われても」

「意地悪言わないでください」

僕が本気で少しばかりしょげた顔をすると、珍しく黒羽は僕を見て宥めるように微笑んだ。

「予定は未定っていうだろ。それに、別にバースデーでなくたって」

バースデーでなくたって?

「………」

「なくたって、なんです? わっ」

ガバッと黒羽が僕の肩を押して上に乗っかってくる。ソファに仰向けになると、天井のライトが逆光になり黒羽の跳ねた髪のシルエットが目に飛び込んだ。

「これは…どういう状況ですか、黒羽くん」

「わかんだろ!」

ぐい、と顔を寄せてきた黒羽の吐息が鼻先にかかった。重なり合う胸の熱さに一気に緊張が高まる。

「今日は俺がしてやるっつってんだよ!」

「し…してって、そんなヤケクソみたいに────」

あ…。

柔らかく、温かなものに言葉を封じられた。
合わせた唇はぎこちなく、縫うように交わす吐息が弾みだす。

「白馬…おまえ、来年いるのか」

「えっ?」

「イギリスに戻るって言ってたじゃねーか。約束出来んのかよ、自分の方こそ」

「……黒羽くん」

僕は跳ね起きて黒羽を逆にひっくり返した。

「いて! ばか白馬っ」

「今日は気持ちだけいただいておきます。〝君から〟は、来年の君の誕生日までとっておいてください」

「はあ? …とっとくなら、どっちかってーと白馬の誕生日じゃね?」

「いいえ、君の誕生日に。君の誕生日の方が僕より先でしょう」

「ああ…。ああ??」

解ったような解らないような。赤い顔をして首を傾げる黒羽。僕はそんな黒羽を目の前にして、堪らなく黒羽が欲しくなる。

そう遠くない未来。それが今こんなにも待ち遠しい。
君が生まれてきた特別な日。その日を僕もリアルタイムで祝福したい。君を隣に感じながら、つのる想いを伝えたいのだ。

〝Happy Birthday, KAITO !!〟

そう…奇跡のような君との出逢いに心から感謝して。





20140623

─────────────────────────────


※うーむむ…またしても快誕upのタイミングを逸してしまい、このようなネタになりました(x_x)。
★葉さま、メッセージ感謝です! レス、もう少々お待ちくださいませ(^^)♪

●拍手御礼
「シークレット・トライアングル」「ハザードランプ」「妄想」「冬の結晶」「〝ゆきこぞう〟と〝独り言〟」「チビ新快」、さらにインターセプト&白快カテゴリ各話へも拍手いただきました。ありがとうございますー(^^)/

拍手[20回]