名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 

袋小路の〝名探偵〟(XX→快斗)
※快斗くん視点の小咄デス…(*_*;
────────────────────────────────

にいちゃん、何してんだい。

「え…」

複数の気配に振り向くと、いかにもなダークスーツに開襟シャツの〝その道〟な連中が立っていた。

「あ、あの…迷っちゃって……駅に」

慌てて向き直る。

いけねえなァ、終電過ぎてるぜ。見ねえ顔だな。大学生? 高校生か…? 未成年だろ、にいちゃん。

繁華街の袋小路。ビルの向こうには眩いほどに極彩色のネオンが輝いている。しかし今いる場所には暗く湿った夜の空気が澱んでいた。

俺に声をかけた男と、左右に一人ずつ、全部で三人。
退路のない状況に、無用な危険に近付いてしまった自分の迂闊さに舌打ちした。
男の声はあくまで優しげだが、胡散臭そうに俺を見る目は常人のものではない。

「バイト始めたばかりで…慣れなくて。でも、もう帰るんで」

男達の脇をすり抜けようとした。だが、そう簡単には行かなかった。
腕を捕られて振り向かされる。

へええ、バイトってなんの? 二丁目の新人の情報はたいてい入ってくるけどな。
ハハハ、と別の男が笑う。

「!」

被っていたキャップを弾かれ、顔を覗き込まれる。

ほー。可愛い顔してんじゃねえか。どこでバイトしてんだよ。贔屓にしてやるから、店教えな。

「す、すみません…勘弁して下さい」

マジで焦る。嫌な感じだ。早く抜け出さないと─────でも。

「あっ」

ぐいっと引っ張られ、バランスを崩した。
ビルの壁に押し付けられて囲まれる。
若い男達ふたりに左右から腕と肩を抑えられ、正面にさっきの男が立つ。

にいちゃんよ、ここいらじゃ最近ヨソもんが増えてトラブル急増中なんだ。だからおれ達は〝頼まれて〟パトロールしてるんだ。
店の売り上げくすねたり、余計な面倒持ち込んでシマ荒らしたりする不届きモンに、お仕置きして追い出すのがシゴトってわけよ。
解るだろ…にいちゃん。可愛いからって、はいそれじゃ気をつけてって見逃してちゃあ、職務怠慢になっちまうんだよ!

「うあっ」

腹に一発入れられた。的確だ。苦しい。汗が噴き出す。やばい。動けない。
さっき躊躇せずに閃光弾を使っていれば…。

なあ、バイトなんて嘘だろ? 店の名前言ってみな。言えねえなら、二度とここいらへ近付きたくなくなるようにしてやるぜ。

シャツを掴んで持ち上げられ、喉元を絞られる。
頭の中に、先刻まで彷徨いていた繁華街のネオンが過ぎった。

「───── 鍵…あな、〝名探偵〟」

男が首を傾げる。
通りで見た看板に出ていた本当の店名だ。鍵穴から覗いてプレイがなんとか。

にいちゃん、嘘だったらただじゃすまないぜ。問い合わせるから名前言いな。

憮然とした顔の男が携帯電話を取り出した。

「…シンイチ」







キャップを被りなおし、走ってネオンの洪水から遠ざかった。
ボディに喰らったのが効いてる。
大通りに出て、やっと歩調を落とした。

「うう、トンデモねー目に遭った」

今夜の逃走経路の下調べは失敗だった。
いくら人が多くて紛れやすい場所でもだめだ。健全な青少年に、深夜の繁華街は絶対NG!

交差点のガードレールに腰掛けて腹を抑えた。

でも、良かった…。
とっさに思い出した店名『鍵穴 名探偵』に、『シンイチ』って源氏名のバイトがホントにいてくれて。
いそうだなって思ったけど、本当にいたなんて…。
助かった。そしてありがとう。さらに大爆笑!!

いてて。笑うと打たれた腹が痛い。
まあ、工藤には内緒にしておこう。すごく言いたいけど、内緒にしておこう。
今夜の事は秘密だ、絶対。
知れたら怒られる。いろんな意味で。

だけどまた助けられたな〝名探偵〟に…。なんちゃって。ぷっ。
アいてて~。




20130506

────────────────────────────────

※うわぁお、お粗末様です(*_*;
そして名探偵ファンの皆様、ひんしゅくネタでごめんなさい~m(__)m
※展開として(1)ほんとに襲われちゃう(2)襲われかけたところに新一が助けに現れる(3)助けた新一が怒って快斗くんにお仕置きする…等も考えたんですが、結局小咄的にマトメちゃいました…。

《ひとりごと》
先だって申請していた「CONAN CP SEARCH」に、最近登録していただきました。そうしたらこの連休中は昨年と違ってアクセスが多くなり、感謝しております。そちらを見てご来訪下さった方、ありがとうございます! …もし一つでも二つでも読んでオモロカッタというものがあれば、拍手ポチ→一言コメント などいただけると、大喜び&また頑張りますので~!!
よろしければ是非またおいで下さい(*^^*)。


《コメントは拍手ボタンの次画面から送信が可能です※非公開》

拍手[14回]