名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 

嘲弄(スパイダー×キッド)
カテゴリ☆呪縛
────────────────────────────────

突き落とされる。群衆の真ん中に。

大勢の手が伸びてきて、俺をなぶり始める。

シルクハットを、マントを剥ぎ取られ、

誰とも分からぬ幾つもの腕に絡め捕られて、

引き倒され、抑えつけられる。


嘲笑う者たちの足下で、怪盗の白い衣装が引き裂かれてゆく。


放せと、叫ぶことすら出来ない。

土足に踏みにじられるマントが視界の端に映っても。

やめろ。踏むな…と。叫びたいのに叫べない。


モノクルの飾りのクローバーが、誰かの手に掴まれる。

恐る恐る目を向けると、俺を蔑むその顔が、ゆらゆらと陽炎のように揺れては次々と変わってゆく。


…中森警部。

…青子。

…先生。

…クラスメートたち。

…寺井ちゃん。

…母さん。


心の底で頼っている筈の相手までが蔑んだ目で俺を見下ろし、口の端を歪めていた。


どうして。

どうして。

俺が悪いのか。

みんなを騙しているから。

俺が─────。



目の前の顔が、また変わる。


…紅子。


…白馬────!


掴まれたクローバーが、白馬の指にぐいと引っ張られた。

怪盗のモノクルは容易く剥がれ落ち、群衆の中に放り出された。

転がったモノクルを、群衆の幾つもの足が踏みつける。

パキパキと音がして、モノクルが割れる。粉々になって原型を失い、モノクルはモノクルではない、ただの破片に変わってゆく。


そして皆が見ている前で、俺の素顔が───曝される。

顔を隠したいのに。背けたいのに、出来ない。


〝黒羽快斗だ〟

〝怪盗キッドは、黒羽快斗だ〟


ざわざわと囁く声が広がる。

群衆の声が、だんだん大きくなる。


〝怪盗キッドは、黒羽快斗だ!〟


〝黒羽快斗が、キッドだったんだ!〟


見知らぬ多くの顔が。

見知った顔の近しい相手までが。


俺を指さし、嘲笑していた。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


月もない、真っ暗な深夜だった。

いつの間にか俺は東都芸術劇場の大ホールにたどり着いていた。

大きなポスターに、ヤツの姿。

『ギュンター・フォン・ゴールドバーグ二世─────世界最高峰イリュージョニスト〝スパイダー〟の仕掛ける華麗な罠が、心に潜むあなたの夢を呼び覚ます────』

ちくりと目の奥が痛んで、ぎゅっと瞼を瞑った。
蠢いて点滅する赤い光が消えない。

俺は柵を越え、ひっそりと静まり返るホールの中へと入っていった。

そこで待つ殺し屋〝スパイダー〟に、おそらくは…自分自身を差し出すために。




20130608

拍手[10回]