名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 

始まりのKiss(新一×キッド)
──────────────────


探偵のくせに、と俺は言った。

探偵だからさ、と工藤は応えた。




いつかこんなことになるんじゃないかと思っていた。
惹かれ合ってるってことくらい、素振りに見せなくたってお互い解りきってたんだから。


不要なビッグジュエルを博物館に返却し、俺はそのまま屋上から飛び立つつもりだった。
だが工藤が大声で俺を呼びながら追いかけてくるから、ちょっとだけ振り向いたんだ。可哀想だから挨拶くらいしてやろうと思って。

そうしたら工藤のやつ、俺に手を伸ばした格好のまま突然倒れ込んだんだ。それも結構な勢いで。

俺はびっくりして(例の薬の発作でも起こしたのかと思って)思わず工藤のもとに飛び降りた。

『どうしたんです、しっかりして下さい名探偵!』って健気に呼び掛けてさ。

抱き起こすと、工藤はうっすら目を開けた。微かに口元に笑みを浮かべて。

俺は、もしかしたら工藤がこのまま死んじまうんじゃないかってくらい焦って───工藤が唇を震わせて何か言おうとしているのを聞き取ろうと、顔を近付けたんだ。


『・・・?』


工藤にキスされてるって気が付いたのは、何秒も経ってからだった。 

俺は何度か目をパチパチして、それからようやく『エッ』ってなった。

そしたら工藤のヤツ、俺の肩に腕を回してグイッと引き寄せ、ニッコリ笑って『引っ掛かった』と言いやがった。

けど俺は騙された悔しさより、何倍もホッとしていた。
何十倍もときめいていた。

だから、まったく動けなかったんだ。
工藤にぎゅっと抱き締められて。
躊躇ったのはほんの一瞬で。

俺もぎゅうっと工藤を抱き返した。
『探偵のくせに』と文句を言うのがやっとだった。

工藤はいつもは自信に満ちたあの声を震わせ、俺に言ったんだ。

探偵だからさ…。
真実はたった一つ。
オレはどうしてもそれを手に入れたかったんだ。

そう言った。






20160801
──────────────────




※初心に戻ってシンプルにしてみました;;お粗末様です。

★拍手御礼
「蔦の絡まる家II」へ 拍手ありがとうございました(^_^)ノ


拍手[8回]