名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 

下弦の月(白馬×キッド)
※短め、両想い白Kです(^_^;)。
─────────────────────────────

四方を金網に囲まれた高層ビル屋上のスカイデッキ。

白く輝く下弦の月を背に携え、怪盗はマントを翻して僕を見下ろしている。



手に入れたければ登ってこい、ということか…。

スカイデッキの中央にはさらに一階分ほども高さのある設備室が陣取っている。怪盗はその頂上に立ち、妖しく僕を誘(いざな)っているのだ。

金網に手をかけ、靴先を引っ掛けて僕は柵に取り付いた。こんな無様な格好を僕にさせることができるのは、この世界でただ一人。君だけだ。

「怪盗キッド!」

柵の上部を跨いで乗り越え、さらに設備室の屋根に手をかけた。
僕を見て僅かに小首を傾げた怪盗のモノクルがキラリと光る。飾り紐についたクローバーが風に吹かれゆらゆらと揺れていた。

あと少し。張り出した排気口に足を乗せ、屋根の上に顔を出した。
四つんばいになって膝を着き、僕はようやく怪盗が佇む天辺へと乗り上げた。

遮るもののない夜風が不意に激しく吹き付ける。
うっかりすると体を浚われそうだ。
しかし長いマントを大きく翻した怪盗は、そんな強風も意に介さぬようにポーカーフェイスを保って佇んでいる。
詠うような怪盗の声が僕の耳を擽った。


────ようこそ、白馬探偵。


────よくここまで私を追ってきて下さいました。


「キッド、僕は…」


そうだ。僕は君を追ってきた。

しかし…僕は君を捕まえたいのではない。

君を、手に入れたいのだ。

君の存在を。

輝面比 57.384 %の月上がりが、僕とキッドの片頬を照らしていた。

少しずつ、歩み寄る。少しずつ。


どうか、逃げないで。


どうか…この手が。


君に…、届きますように───。








「白馬探偵」

「怪盗……キッド…」

白い手袋を嵌めたキッドの手が、僕の前に差し伸べられていた。震える想いでその手を取る。
僕は夢中でキッドを引き寄せた。

怪盗の息吹が、いま僕の側に在る。
モノクルの奥の瞳が僕を見上げて瞬いていた。

「キッド……! 僕は…僕は、君が」

溢れ出た言葉を、不意に何かに遮られる。
僕は反射的に目を閉じていた。
僕の唇を塞いでいるもの。それは柔らかく小さなキッドの唇。
一秒にも満たない、キッドからのキスだった。

「………」

惚ける僕をからかうように、怪盗はクスクスと笑った。

「しっかり掴まっていて下さい」

「えっ?」


突然、平衡感覚が無くなった。

足下が────何もない。宙に浮いている。

「う、うわあっ!?」

僕は必死にキッドにしがみついた。

何が起きているのか。

吹き付ける風。空を切る感覚。

キッドの翼が開いている。

空を、飛んでいる…!

「これは…君のマジックなのか、キッド?!」

「ふふ。せっかくお誘いしたのです。もう少しご一緒しましょう」

僕らは抱き合うようにして夜空を滑空していた。
体勢は安定している。どんな仕掛けか、どうやら〝網〟のようなものが僕の背を包むように支えていた。

僕はキッドの背に回した腕に力を込めた。キッドの腕も僕の背に回されている。

僕はキッドに口付けた。

僕ら二人の密やかなフライトを、下弦の月だけが見つめていた。







20140222

─────────────────────────────



※白馬くんを抱っこして飛ぶには…?と考えた結果、こんな描写になりました。例によって前後曖昧でスミマセン~(*_*;

●拍手御礼
カテゴリ★ウエストサイド 、☆放課後 の各話、さらに「四つ葉のクローバー」「燠火」「罠」「運命の白い女神」「迷い鳥」「裏切り」「月光という名の真実」「逢魔が時」「一条の疵」「カルマ」「焔~ほのお~」「冬の結晶」「ゆきこぞうと独り言」「Love cuffs」「エロスの神様」「ラブラブ・スモール」「ルパン三世vs怪盗キッド」へ、拍手いただきました。嬉しいですっ(^^)/

●拍手コメント御礼♪
miyuki様、DVDをご覧になってキッド様love復活とのこと(^^)♪♪ お帰りなさいっ!  ★インターセプト へ声援ありがとうございます。なんとか形にしたいと思っていますので、気長にお付き合い下さいませ~!(^^)!


《コメントは拍手ボタンの次画面から送信が可能です※非公開》

拍手[21回]