名探偵コナン・まじっく快斗の二次BL小説。同ジャンル諸先輩方の作品に触発されております。パラレルだらけですが基本は高校生の新一×快斗、甘めでもやることはやってますので閲覧は理解ある18才以上の女子の方のみお願いします。★印のカテゴリは同一設定で繋がりのあるお話をまとめたものです。up日が前のものから順にお読み下さるとよいです。不定期に追加中。※よいなと思われたお話がありましたら拍手ポチ戴けますと至極幸いです。コメント等は拍手ボタンよりお願いいたします! キッド様・快斗くんlove!! 《無断転載等厳禁》

ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
プロフィール
HN:
ronin
性別:
女性
自己紹介:
2011年8月26日よりブログ開始
2012年5月GW中にカテゴリ分け再編&アクセスカウンター設置
2013年5月 CONAN CP SEARCH 登録
2013年6月 青山探索館 登録
連絡先:hamanosuronin★gmail.com(★を@に置き換え)
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
 

四つ葉のクローバーII(3/4組)
※20130307upのおちゃらけ続編です。
─────────────────────────────


「はぁっ? 怪盗キッドのカッコしてテレビしゅつえん?? 俺が(☆☆)????」

待ち合わせたファストフード店の席に着いた途端、いきなり〝パンチ〟を浴びせられて俺は思わず声を裏返えさせた。



「せやねん。こないだのおれらの学祭での演奏が、またえらい評判になってもうたらしゅーての♪」

「江古田高校での演奏が、すでにYouTubeでテレビ局のプロデューサーの目に留まっていたんですよ」

白馬までしれっと話を続ける。俺は呆れ半分、冗談じゃねえ!のキモチ半分で横の工藤を振り向いた。そしたら工藤のヤロウ、涼しい顔して流し目で微笑み返してきやがった。

「くどー…まさか、テメーも賛成する気じゃねーだろうな」

「何を言ってるんです、黒羽くん。プロデューサーに君のキッドコスプレを提案したのは工藤くんですよ」

な、な、なんだとぉおおおーーっ(゚o゚;?!!

まぁ、聞けよ。と尤もらしい声で工藤が理由(わけ)を話し始めた。以下工藤。


───朝の情報番組のワンコーナーで、全国の未解決事件の情報を募るテロップを数分間流すバックに、評判になってる高校生探偵たちの学祭での演奏シーンを流したい、ってのが最初の話だったんだ。
ところが、プロデューサーがどうせならオレがボーカルの方がいい、工藤くんは全国区だし、こう言っちゃ何だけど、どこにでもいる普通の男子校生がボーカルやってるより工藤くんがボーカルの方が絶対視聴者の目を引くからって言ってさ。あ、フツーのって快斗のことな。だけど、いくらエアバンドでもオレ音痴だし、このセッションのボーカルはもともと快斗だからって言って断ったんだよ何度も。それでもプロデューサーが、せめて高校生探偵のうちの誰かがボーカルがいいってしつこく食い下がってきてさ。
で…オレは提案してみたんだ。それじゃあ、その〝フツーのヤツ〟が〝怪盗キッド〟だったらどうでしょうか、って。


にっこり笑ってこれでもかとイケメンオーラを放つ工藤。むかつくほど爽やかな笑顔で話し終わりやがって~。

「そーやで。怪盗キッドのコスプレするヤツらなんぞ、ぎょうさんおるやん。別に誰も怪しまんて!」

「あ、怪しむって、なにをだよ!」

服部の言葉につい反応してしまった。工藤と白馬には俺がキッドだってバレてるけど、服部にはまだハッキリ正体悟られてはいないはず…(汗)。

「黒羽くんも、先日Twitter急上昇ワードで1位になってた怪盗キッドの話題、知っているでしょう。ハロウィンで仮装した人々が大勢集まった渋谷に怪盗キッドが現れたって評判になってたじゃないですか。マラソン大会にだってキッドのコスプレして走るオジサンとかいますし」

「そういやぁ、プロ野球の阪神戦で怪盗キッドが始球式やってたな」

「バ、バカ。白馬も、工藤も、それ全部偽もんだし、阪神戦は着ぐるみだろーが。とにかくどこの誰がコスプレしようと、キッドだったら俺が一番カッコいいに決まってるだろ!!」

はっ。
ニヤニヤしてる三人に無言で頷かれてハタと我に返る。

「き…、き、きたねえぞっ、てめえら」

「ワッハッハ、んじゃ決まりやな。収録は明日、生放送やで。これから白馬んち移動してリハーサルや!」



あーだこーだ反論したり、キャンセルすると断ったり、俺なりに抵抗したけどダメだった…。だいたい理屈で探偵どもに敵うわけなかった。
結局最後は持久戦に持ち込まれ、まぁまぁ落ち着ちましょうとか、腹が減っては声が出えへんでぇ! とか、工藤に差し出されたチョコアイスなんか食ってる間に眠くなってなんかもうどうでもいいという気になった。
悔しいが探偵連中の策にまんまと嵌められたんだ。
ちくしょーオボエテロ…。
こうなったらメチャクチャ怪盗キッドになりきって(いや本物だし)、エロかっこ良さ全開で視聴者を画面に釘付けにして未解決事件の情報集めまくる手助けしてヤローじゃねーかっ!
それに…確かにキッドの姿でマイクスタンド持って歌っても、誰も本物のキッドだなんて思うわけがない。しかもバックに高校生探偵三人を従えて───。

…ふっふっふ。

なんか、想像したらちょっと楽しくなってきた。

寺井ちゃんにメールだ。明日の朝の情報番組、録画しといてもらわなきゃ!!








・・ー・・・・・ー・・・・・ー・・

   


早朝、目が覚めて気が付いたのだが、夕べは随分遅い時間に坊ちゃまからメールが届いていたようだ。

なんでも今日朝八時からの情報番組を録画しておくようにとのご指示…。何か重要なイベントの情報でも流れるのだろうか?
わたしは身支度を整えるとブルーパロットに行き、テレビを点け、録画を始めた。どのコーナーが必要なのか不明なので、とにかく全部録画しておきましょう…。

はて───この御仁は確か高校生探偵の工藤新一さん。おや、西の服部平次さんに、なんと坊ちゃまのクラスメートの白馬探さんまで!  
驚いて見入っていると、画面が切り替わり、先ほどから伝えられている未解決事件の情報提供を改めて訴える女性アナウンサーが映った。もしやこのコーナーのどこかに坊ちゃまの必要とされる何かが……、え、なぜ高校生探偵方がギターやキーボードやドラムスを…???

は?


え?





はああああああああーーっっ(☆。☆);;;


「ぼ、ぼ、坊ちゃまーー?!!!」


寺井は危うく腰を抜かしかけましたぞ!!

なんと、怪盗キッドと高校生探偵三人の四人組エアバンド〝クローバー〟の映像が流れるとは!!

しかもっ・・・・!!!


坊ちゃま・・・、


お素敵にございますっ!!!


怪盗キッド、サイコーに格好良いでございますっ!!!!


寺井は、寺井は、なんでか解りませんが感動で涙しております!!!

坊ちゃま・・・
何が起きてるか、寺井はいまだ理解できておりませんが……、

それでもこれだけは申し上げることが出来まする!

怪盗キッド、最高にございますーーー!!!!





20150720
─────────────────────────────




※えー…突拍子もないアホ話で失礼致しました。キッド様いや快斗くん、今回はボーカルに専念ということで(汗)。『カップリングなしの3/4組話を』というリクエストがありまして、それで思い浮かんだのがコレでした…ご容赦下さい~(*_*;

●拍手御礼
「倒錯」、またカテゴリ★インターセプトへ拍手ありがとうございました(^^)/

拍手[16回]